📝

Java switch文のアロー演算子を用いた構文ついて

2024/05/25に公開

switch文でのアロー構文

switch文でアロー演算子を用いたコードを初めて見たのでメモとして残しておく。

アロー演算子「->」を使うことでswitch文の「:」と[break;]を省略することができる。
{}でブロックを作れば複数行の処理も書ける。
String str = "B";
switch(str){
case "A" -> System.out.println("A");
case "B" -> System.out.println("B");
case "C" -> {System.out.println("C");
      System.out.println("D");
      System.out.println("E");
      }
}

普通の書き方

String str = "B";
switch(str){
case "A": System.out.println("A");
    break;
case "B": System.out.println("B");
    break;
case "C": System.out.println("C");
      System.out.println("D");
       System.out.println("E");
    break;
}

何がいいのか

  • breakの書き忘れを防止したい場合に有効。
  • 見た目もすっきりする。

Discussion