🐳

【Docker】 「Dockerとは?」の表現の違い

2024/07/10に公開

はじめに

現在Dockerに関して、UdemyやYoutubeを通じて学習を進めています。一口に「Dockerとは?」という内容でも、説明されている方によって表現の仕方が変わるなと感じました。
現時点では自分の中でDockerを一言で簡潔に説明することができないため、これまで学習してきた媒体での表現を今回まとめたいと思います。
メモ程度の内容となりますが、今後自分で説明できるようになるためにアウトプットしたいと思います。

これまで学習したDocker教材

それぞれの「Dockerとは?」の表現の仕方

学習している中で、「Dockerとは?」の説明で表現されていた内容です。
(私の切り取り方が間違っている可能性はあります...)

  • 米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座

Linuxのコンテナ技術を利用しているもの

  • 【Docker入門】初心者向け!Dockerの基本を学んでコンテナ型の仮想環境を作ろう!

コンテナ型の仮想環境を、作成・配布・実行するためのもの

  • コンテナ型: ホストOS(物理的なコンピュータ)を動かしているカーネルを利用して、あたかもゲストOSがあるかのように仮想環境を作り上げること
  • 仮想環境:物理的に存在するの中に、あたかも別のパソコンが存在するかのような状況のこと(=パソコンの中に擬似的なコンピュータを作成すること)
  • 【初めてのDocker】コンテナってそもそも何なの?

仮想化技術の中のコンテナ技術

  • Docker超入門講座 合併版 | ゼロから実践する4時間のフルコース

アプリを簡単に開発、デプロイできる仕組み

個人的には、 【Docker入門】初心者向け!Dockerの基本を学んでコンテナ型の仮想環境を作ろう!のDockerの説明がわかりやすいなと感じました。
Dockerとは、を説明する上でのキーワードは「コンテナ型」「仮想環境」であり、これらのおかげで環境違いによる問題の解消や、バージョンの再利用性が上がるのだと理解できました。

まだ学習途中のため、メモ程度の記事となりますがまとめる機会がなかったので、今回整理できてよかったです。
今後は書籍も用いてDockerへの知識を深めたいと思います。ありがとうございました。

Discussion