🤥

AWS CLIでFORCE_CHANGE_PASSWORDをCONFIRMEDにする

1 min read

そもそもFORCE_CHANGE_PASSWORDとは

マネージメントコンソールでユーザーを追加すると、必ずFORCE_CHANGE_PASSWORDというステータスで、ユーザーが作成されるらしい。
そのため、このステータスのユーザーはユーザー自身でパスワードを変更する必要がある

https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/cognito-idp/admin-set-user-password.html

自分の環境ではAWS CLI version 2をインストールしました。
※現時点ではversion2を推奨されているとのこと

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/install-cliv2-mac.html

上記の公式ドキュメントを参照して、インストールすれば良いと思います。

その後は、コマンドを一つ実行すれば、完了です。

aws cognito-idp admin-set-user-password --user-pool-id <作成したユーザープールのID> --username <設定するユーザーのユーザー名> --password <設定する新しいパスワード> --permanent

補足をすると—user-pool-idとは、ap-northeast-1から始まるIDです。

また--permanentというパラメーターを付与しなければ、永続化されないので、CONFIRMEDにするためには、付与する必要があります!

https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/cognito-idp/admin-set-user-password.html

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
誰かのためになれば、幸いです!


Twitter(https://twitter.com/Ryosuke_Kamimur)
Github(https://github.com/RyosukeKamimura)


Discussion

ログインするとコメントできます