▪️

通気性のあるメンブレン市場調査:規模、シェア、機会、開発状況、ビジネス成長、地域予測レポート2024-2036

2024/07/03に公開

Research Nester は、建設部門での需要増加により、世界的に通気性のあるメンブレン市場の成長と市場規模を評価する。

日本 – 2024年2月2日 – Research Nesterの最近の市場調査分析 通気性のあるメンブレン市場調査:世界的な需要分析と機会展望2036」 では、原材料、用途、地域別の市場セグメンテーションの観点から、詳細な競合他社の分析と世界の通気性のあるメンブレン市場の詳細な概要が提供されています。

商業建築への支出増加により通気性のあるメンブレンの世界市場シェアが拡大

世界の通気性のあるメンブレン市場は、商業建設への支出増加により、大幅に成長すると予測されています。急速な都市化、経済成長、技術革新はすべて、国家インフラ支出の増加に貢献しています。この結果、商業ビルでの通気性のあるメンブレンの使用も増加しています。米国国勢調査局の報告によると、2021年11月のヘルスケア建設投資は合計5,130万米ドルで、前年同月の4,670万米ドルから9%増加しました。これらの種類の商業建設における通気性のあるメンブレンの必要性は、商業インフラへの投資の増加に伴い高まります。これらの要素は、建設部門の通気性のあるメンブレン市場を依然として牽引しています。

市場概要

通気性のあるメンブレン市場規模は、2036年末までに800億米ドルに達すると予測されており、2024年から2036年にかけて13%のCAGRで成長します。2023年には、通気性のあるメンブレン業界の規模は70億米ドルを超えました。

このレポートの詳細情報: サンプル PDF をダウンロード

市場の成長要因と課題

世界の通気性のあるメンブレン市場の成長に関連する主な成長要因と課題は次のとおりです。
成長要因:
• 高度な屋根膜品質の需要
• 研究開発への投資の増加
課題:
通気性のあるメンブレンコスト効率と耐久性の向上、および各国のエネルギー効率に課せられた厳しい環境要件により、世界の通気性のあるメンブレン市場が拡大すると予想されます。企業は、世界クラスの気密性と通気性を備えた膜の需要の高まり、およびさまざまな設置技術に関する技術的専門知識の向上から生じる機会から利益を得ることが期待されます。ただし、建設部門の減速と通気性のあるメンブレンの使用による壁厚の増加により、市場の成長が妨げられる可能性があります。

詳細なレポートは以下からアクセスできます:
https://www.researchnester.jp/reports/breathable-membranes-market/5575

市場セグメンテーション

用途別に見ると、世界の通気性のあるメンブレン市場は、傾斜屋根、壁、医療用に分類されます。傾斜屋根セグメントは、予測期間中に大幅なCAGRで成長し、2036 年末までにかなりの収益を上げると予想されています。傾斜屋根は、熱効率の維持や過剰な湿気から建物の構成要素を保護するなど、多くの利点があるため、大幅な成長が見込まれています。

地域概要

地域別に見ると、アジア太平洋の通気性のあるメンブレン市場は、2036 年末までに最高の収益を生み出すと予想されています。インドでは、識字率の上昇、消費者の安全性と衛生意識の向上、農村地域の状況の改善などの要因により、衛生製品の成長の機会が生まれています。さらに、政府は農村地域の生活水準の向上に非常に熱心に取り組んでいます。経済成長を維持する方法として、中国中央政府はインフラ投資を推進し、その結果、同国の建設業界は急速に成長しました。

市場の主要企業

このレポートでは、世界の通気性のあるメンブレン市場の主要プレーヤーの現在の競争状況も提供しており、Mitsui Chemicals, Inc.、Nitto Denko Corporation、Arkema Group、Kingspan Group PLC、Clover、Knauf Insulation、Porel Membranes、Rivega Srl GmbH、Soprema Group などの企業プロファイルが含まれています。

レポートサンプルをリクエスト@
https://www.researchnester.jp/sample-request-5575

Research Nester について

Research Nester は、戦略的市場調査およびコンサルティング サービスを提供する大手企業です。当社は、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供し、ヘルスケアおよび製薬などの業界、複合企業、経営チームが将来のマーケティング戦略、拡張、投資などについて賢明な意思決定を行えるようにすることを目指しています。私たちは、どんなビジネスも新たな可能性を秘めていると信じています。戦略的思考によって適切なタイミングが生まれます。当社の独創的な考え方は、クライアントが将来の不確実性を回避するために賢明な決定を下せるよう支援します。

詳細についてのお問い合わせ:

ナオミコスギ
Eメール: info@researchnester.jp
日本の電話番号: +815050508480
URL: https://www.researchnester.jp/

Discussion