💪

強くなるには

2 min read

この記事は鈴鹿高専 Advent Calendar 2021の21日目の記事です

🎉はじめに

お疲れさまです。Re-taroです

先日、ふとTwitterで後輩くんがこのようなツイートをしているのを見かけました。

https://twitter.com/10969_rintaro/status/1472886802654830597?conversation=none

(該当ツイートを見つけれなかったので、私が代わりにTLに流しました。)

これを見て私は思ったのです。
「あれ去年の私は何もしてないぞ?」と。

そこでこの記事では私がここまで(下記参照)強くなれた方法を説明します。


ちなみに強くはありません

🚀挑戦したこと

⚡️イベントに積極的に参加する

去年の私は消極的だったなぁと感じます。
ハッカソンやLTなどのイベントに全く参加していなかったです。

イベントに参加すると、いい事づくしです。

1. 見聞を広めることができる

もちろん「へぇ、こんな技術が!」ということもあるでしょうが、
私にとってそのレベルは難しかったです。

私が言う、見聞の広め方は、発表の仕方や、アイデア、今の技術のトレンドなどです。
あれ結局技術やん?ってなるかもですが、なんとなくでいいんですよ。ファッションショーを見ている感覚です。

発表の仕方に正解はありません。色んな方の発表を取り入れ、ご自身の発表で無双しましょう。

他の人のアイデアを知っているというのは、個人的に大事だと思います。
私の部活の先輩がおっしゃっていたのですが、
「知っている、は強い。」ということです。アイデアを考えるときに、
他のアイデアなどを知っていると発想にも捻りが出るのではないでしょうか?
(私は根っからの開発者なので設計や企画は大嫌いなのでたぶん間違っている。)

2. 色んな人と交流できる

参加しているイベントにもよりますが、自分の作品のフィードバックをもらうことができる時もあります。
自分の作品は自分の全力が込められたものだと思います。
その全力をその手の人に見てもらうということは貴重な経験です。
自分の全力が磨かれます。

3. モチベーションが上がる

さっきから発表型のイベントを題材にしていたので、
そういうのはレベルが、、、という方のために、
カンファレンスに参加することをおすすめします。

未知の技術のカンファレンスや使ったことのある技術のカンファレンスなど
参加するカンファレンスは自由です。心躍るものに参加してみましょう。

英語などが殆どで少々聞き取る能力を要しますが、
聞き終わったあとのモチベーションの上がり方は異常です。

開発において、モチベーションを保つということは困難なので、
定期的にモチベーションはフルスロットルにしましょう。

🔀GitHubを活用する

今日弊科(電子情報工学)でこのような事件がありました。

https://twitter.com/10969_rintaro/status/1472731858534563840?conversation=none

少しニュアンスは違いますが、Gitを使ってない人がGitHubを使っているとは到底思えません(はい宗教戦争....ゴメンナサイ)

もちろん使ってないことを咎めるつもりはありませんが、モチベーションを保つという面でGitHubで進捗を生やすということは
とても重要だと私は思います。

自分のプロダクトがこのように華やかだと、開発意欲も湧いてきますよね?
眺めているだけで楽しいGitHubの運用をしてみましょう!

🧪新しい技術に挑戦する

先日私はHack U Kosenに参加させていただきました。
そこで同年代の他の高専生に質問されました。

「どのように技術を身に着けているのか?」と。
言われてみれば考えたこともありませんでしたが、
その場にいた同級生の2人と話した結果同じような結論に至りました。

それは、次のような順序で学習することです。

  1. 作りたいものを定める
  2. 使用技術の選定
  3. めげずに開発

一見すると、当たり前のことを言っているのですが、
大事なのは使用技術の選定です。ここでいつもは使わない技術を選んでみましょう。
「は?なんでそんな非効率な」という方もいるかも知れません。
もちろんご自身の使える技術を極めるのもいいと思います。

しかし私の持論ですが、自分の使うことのできる技術の更新をやめると、
それは自分の学びが止まることだと思ってます。

新しい技術を使うのは用意ではありません。
だからこそ仕様書などを読み、工夫を凝らして
完成したプロダクトは、とても輝かしいものになると思います。

✨まとめ

ここまで長く語ってきましたが、全て私の意見です。

しかし、なにもできないと悲観的になることだけは違うんだよと伝えたいです。
最後まで見てくださりありがとうございました!

Discussion

ログインするとコメントできます