Open1

Flutterで新しくpackageを作る時

fvmを使ってバージョンを切り替えて開発する。

packageの場合

fvm flutter create --template=package <packageの名前>
fvm use <使用したいFlutterのバージョン>

appの場合

fvm flutter create --org com.razokulover <appの名前>
fvm use <使用したいFlutterのバージョン>

vscode用の設定も作成する。

mkdir .vscode
vim .vscode/settings.json
{
  "dart.flutterSdkPath": ".fvm/flutter_sdk",
  "search.exclude": {
    "**/.fvm": true
  },
  "files.watcherExclude": {
    "**/.fvm": true
  }
}

pubspec.yamlの編集

description,version,author,homepageの追加。sdk,flutterのversionを記述。null-safetyだけで良いならsdk: ">=2.12.0 <3.0.0"にしておく。

name: video_slider
description: A simple slider of video to trim by specific area.
version: 0.0.1
author: YuheiNakasaka
homepage: https://github.com/YuheiNakasaka/flutter_video_slider

environment:
  sdk: ">=2.12.0 <3.0.0"
  flutter: ">=1.20.0"
.
.
.

テンプレコードを消す

  • pubspec.yaml
  • test/main.dart
  • lib/main.dart
    などのコメントやコードの削除
ログインするとコメントできます