👻

herokuでReactアプリを動かす

1 min read

今回は、herokuに直接pushする方法でデプロイする。

これを実行するためにはherokuのCLIツールが必要。

https://devcenter.heroku.com/articles/heroku-cli

macOSの場合、brewを使ってインストールすることができる。

brew tap heroku/brew && brew install heroku

まずはブラウザからherokuにログインし、デプロイ先になるアプリを作っておく。

次に、ターミナル上でherokuにログインする

heroku login

入力を促されるので、q以外のキーを押す。(qを押すとキャンセルされる。)
するとブラウザでページが開かれ、herokuへのログインが求められる。
ログインすれば完了。

ログインが完了したら、プロジェクトディレクトリに移動しherokuのリモートを追加する。
このとき、最初に作成したアプリのアプリ名を指定する

cd /path/to/project
heroku git:remote -a app_name

デプロイするときは、herokuのリモートにpushする。

git push heroku main

あとはアプリにアクセスできるかを確認する。
ログは次のコマンドで確認できる。

heroku log --tail

Discussion

ログインするとコメントできます