😎

今頃AWS:クラウド概要

1 min read

今頃、AWSを勉強する。
その前にクラウド(パブリックの方)ってなんだっけ?の状態なので、図で簡単にまとめてみた。

IaaS/PaaS/SaaSの提供範囲がいつもわからなくなるので、まとめた図から整理していく。

IaaS

アイアース or イアースと読むらしい。Infrastructure as a Service の略。
提供範囲はST(ストレージ)、NW、HW、OSまで。

PaaS

読み方はパース。Platform as a Serviceの略。
提供範囲はIaaSの範囲に加えて、MW、AP実行環境。

Platformという言葉のせいでIaaSと混ざる。

Platformを英和辞典で調べると「舞台」という意味があるらしい。
インフラ系の本で舞台上のプロセス、スレッドという表現をたまに見る。これのことか。

SaaS

読み方はサース。Software as a Serviceの略。
提供範囲はPaaSの範囲に加えて、AP。

Discussion

ログインするとコメントできます