🕌

ArchLinux:アップデート時のPGP鍵不整合

2022/05/11に公開約1,000字

久しぶりにArchLinuxをアップデートしたところ、PGP 鍵が古くてアップデート時に鍵の不整合が発生した。対応内容を以下に記録。

ArchLinuxのバージョン

[root@hostname netctl]# uname -a
Linux hostname 5.11.11-arch1-1 #1 SMP PREEMPT Tue, 30 Mar 2021 14:10:17 +0000 x86_64 GNU/Linux
[root@hostname netctl]#

鍵の不整合メッセージ

///アップデート
# pacman -Syu

<略>
必要なキーをダウンロード...
:: PGP 鍵 E85B8683EB48BC95, "Daniel Bermond <dbermond@archlinux.org>" をインポートしますか? [Y/n] y
(280/280) パッケージの整合性をチェック                                                                              [#####################################################################] 100%
エラー: linux-api-headers: "Frederik Schwan <frederik.schwan@linux.com>" の署名は信頼されていません
:: ファイル /var/cache/pacman/pkg/linux-api-headers-5.17.5-2-any.pkg.tar.zst は破損しています (無効または破損したパッケージ (PGP 鍵))。
ファイルを削除しますか? [Y/n] 
<略>

鍵の更新

///Arch Linux PGP キーリング(※1)の更新
# pacman -S archlinux-keyring

※1キーリングとは複数のパスワードを管理する単位

再度アップデート(pacman -Syu)を行えば終わり。

参考

https://www.archlinux.jp/packages/?name=archlinux-keyring
https://blog.goo.ne.jp/ykariunai77/e/bf036edc2e5e99a4ea12f4361c6a68b2

Discussion

ログインするとコメントできます