🤖

いまさらながら、RPAとはなんぞや

1 min read

新聞やインターネットの記事で最近、AI、IoTとともにRPAという言葉をよく目にするようになりました。

RPAエンジニアとして改めて、
・RPAとは何なのか・いつから注目され始めたのか・導入のメリット / デメリット
を紹介していきます。

RPAとは?

RPAとは「Robotic Process Automation / ロボティック・プロセス・オートメーション) 」の略です。

これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を、人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用して代行・代替する取り組みです(※1)

そのため、ロボット自体のことを、「仮想知的労働者(デジタルレイバー・デジタルワーカー)」などと呼ばれることもあります。

※1 ... [日本RPA協会]より(http://rpa-japan.com)

いつ頃から注目され始めたのか

日本では、2016年後半あたりからよく目にするようになりました。
海外では欧米諸国を中心に、2015年あたりからRPAは注目されていました。

海外の企業は日本より業務効率化に対する意識が高く、元々BPO(※2)が盛んであり、BPO事業者がより業務を効率化するためにRPAツールを導入し始めたのが注目のきっかけとされています。

※2 ... 「Business Process Outsouurcin / ビジネス・プロセス・アウトソーシング」

RPAを導入によるメリット

RPA導入するメリットをご紹介します。

  • ホワイトカラー業務の自動化

誰もが簡単に業務の効率化・自動化を実現できることが大きなメリットと思います。

  • 生産性向上

これまで人が行ってきた作業をロボットが行うことにより、担当者は他の業務に時間を割くことができるようになります。

  • 人手不足の解消

日本はこの課題に対し、解決策の検討は急務であり期待されているのがRPAなのです!
人手不足の原因は以下2点があります。

・少子高齢化による、労働人口の減少
・途上国の目覚ましい発展による人件費の高騰
(ちなみに欧米諸国は解決策の一つとして「移民の受け入れ」を行いました。)

  • コスト削減

導入により、人件費を削減することができます。
もちろん導入時や継続稼働にはコストがかかりますが、新たに人員を雇うコストと比較しても格安に思えます。
また、RPAは24時間365日稼働させることができるため人間より高いパフォーマンスが実現できます。

  • 人的ミス減少で品質向上の期待

RPAはプログラムされた内容に沿って処理を行います。
人間は集中力の低下・よそ見など様々な原因でミスを犯しますが、RPAはそういったミスはありません。
プログラムされた内容しか行わないため、希望通りの処理を行ってくれます。

RPAを導入によるデメリット・注意点

デメリットとしては、以下が挙げられます。

  • プログラムされた内容しか行うことができない(判断できない)

  • 業務が停止するリスクがある

RPAはシステムであるため、障害やバグが発生すれば作業が行えず業務が止まる危険性があります。
実際に、サーバー負荷が原因でシステムの遷移に失敗し例外エラーとなったことがあります。
人間なら臨機応変に対応可能ですが、RPAは上述にあるようプログラムされた内容しか行えません。

まとめ

RPAを簡単ではありますが、説明させていただきました。
今後はRPAツール紹介や、実際にロボを作り技術記事を書いていきたいと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます