Open9

ドメイン駆動設計 サンプルコード&FAQを読んで

第1章 DDD全般

DDDの目指すところ
ソフトウェアの

  • 機能性の向上
    より価値ある業務アウトプットを産めるように
  • 保守性の向上
    より安全で容易に価値あるアウトプットを埋めるソフトウェアへ向けた改修ができるように

第2章 モデリング

ツール

  • システム関連図
  • ユースケース図
  • ドメインモデル図
    オブジェクト図をもとに抽象化されたモデル
  • オブジェクト図
    業務知識の具体的な例を可視化したものってイメージ

ドメインモデル図とオブジェクト図は小さな機能でも作るto深い洞察や発見が得られることが多い
そして必ず保守していくものであると認識しよう。
ドメインモデルがコードに反映されるという順番であり、コードだけが一人歩きする状況は将来の拡張・改修を見越した場合に余計なコストを生み出す危険があり望ましくない

ユビキタス言語

「in everywhere」:会話でも/ドキュメントでも/画面でも/コードでも/etc...

ドメインモデル図内の表現を正「ユビキタス」として管理していくのがおすすめの模様

第3章

第4章

第5章

第6章

第7章

第8章

第9章

ログインするとコメントできます