Web個人開発者はサービスにGAとサチコを有効にしよう

3 min読了の目安(約2100字TECH技術記事

今回は初めてのZenn投稿ということで、簡単にツールの紹介をしていこうかなと思います。

個人開発でWebサービスを作っている人はリリース前いろいろなことをしなければなりません。
実際のサービスをデプロイしたり、ドメインを取得したり...
その中でも忘れてはいけない作業が Google Analytics(通称GA)Google Search Consoleです。最近はとても簡単に導入できるので、やっておいて損はないです。

今回はこの2つを紹介していきます。

Google Analytics

もはや入れてないサービスはないのではないかと思っているツールですが、使い方をしっかりとマスターするには結構時間が要ります。

また別の機会でGoogle Analyticsの使い方は詳しくご紹介したいと思いますが、個人開発においてリリースする際は初めから入れておきたいツールです。

とりあえずデータさえ取れてれば、そのデータの利用方法は後から考えられます。バズった時にデータが取れてないのは虚しいので、積極的に導入しましょう。

Google Analyticsの導入方法はめっちゃ簡単です。以下のようなコードを埋め込むだけで済みます。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxxx-x"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-xxxxxxxxx-x');
</script>

設定をすれば、こんな感じでPWAからきているユーザーも一目でわかります。

注意しなければいけない点はGoogle AnalyticsはCookieを使用している点です。プライバシーポリシーにはしっかりと記載するようにしましょう。

また最近はFirebase Analyticsも登場してきています。こちらはFirebaseアプリケーションに特化したツールなのですが、Firebaseでアプリを作っているなら導入方法やイベント計測も簡単です。

https://firebase.google.com/docs/analytics?hl=ja

 firebase.analytics(); // Firebase Analytics の初期化
 firebase.analytics().logEvent('test', { name: 'oliver' }); // イベントのロギング

Google Search Console

このツールもWebサイトを運営する上で入れてない人は少ないのではないでしょうか?
私はサチコって呼んだりしてますが、その名の通りGoogle検索に関するパフォーマンスが確認できるツールになっています。これをみてSEO対策などを行っています。

導入方法は様々あるのですが、最近ではGoogle Analyticsが入っていれば後はワンボタンで有効にできるケースもあります。とても簡単なのでWebサービスを公開する前に有効にしておきましょう。

またGoogle Search Consoleは検索以外にも、そのページがAMPに対応しているかどうかや、モバイルユーザビリティがどうであるか、そのページが高速であるかどうかなど、様々なメタデータを確認することができます。
これらの情報によって実際にGoogle Botがどのようにサイトをクローリングしにくるのかを把握でき、サイトをより良くしていくためのデータがたくさん取得できるようになります。是非活用して行きましょう。

おわりに

今回は簡単にGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleを紹介してきましたが、これらのツールはそれだけで本になるような奥深さが存在しています。
サービスを作って終わりではなく、その先のデータも見ていけるとサービス作りがより楽しくなると私は思っています。