⚾️

素振り環境を晒す2016年末

2021/07/04に公開約1,800字

@armorik83です。みなさん素振りしてますか。

春に書いた『素振り環境を晒す2016年春』の改良版。@mizchiさんの『最強のフロントエンドの雛形作った (2016/12/31)』がFlow + AVA環境として手頃かつ妥当だったので、個人的には使わないReactまわり、PostCSSまわりをomitした上で、自分の手に馴染む環境にアレンジしました。本家の方はenv周りやCI周りのチューニングがされてるので見ておくといいです。

AngularやRxJSはよく使うけど、そっちはangular-cliがあるから別にいいかなと思い、プレーンにしてます。

構成

https://github.com/armorik83/suburi-20161231
{
  "name": "suburi-20161231",
  "version": "1.0.0",
  "author": "OKUNOKENTARO <okunokentaro@me.com>",
  "ava": {
    "require": [
      "babel-register"
    ]
  },
  "devDependencies": {
    "ava": "^0.17.0",
    "babel-core": "^6.21.0",
    "babel-eslint": "^7.1.1",
    "babel-loader": "^6.2.10",
    "babel-plugin-transform-es2015-modules-commonjs": "^6.18.0",
    "babel-plugin-transform-flow-strip-types": "^6.21.0",
    "eslint": "^3.12.2",
    "eslint-plugin-flowtype": "^2.29.2",
    "flow-bin": "^0.37.4",
    "webpack": "^2.2.0-rc.3",
    "webpack-dev-server": "^2.2.0-rc.0"
  },
  "license": "MIT",
  "main": "index.js",
  "repository": "git@github.com:armorik83/suburi-20161231.git",
  "scripts": {
    "lint": "eslint src test",
    "lint:fix": "eslint src test --fix",
    "start": "webpack-dev-server",
    "test": "ava",
    "typecheck": "flow"
  }
}

.eslintrcは若干手を入れたけど、大半は妥当なのでmizchiさんの設定からそのまま拝借。サーバにはwebpack-dev-serverを入れました。yarn startだけでいい。スケルトンにはESLint, Flow, AVAの動作検証用のコードを入れてるので消してから使います。

小さいライブラリの開発基盤に使う予定。

Discussion

ログインするとコメントできます