Chapter 20無料公開

🔰DOShake - ランダム方向の振動

DOPunchは同じ方向に振動していましたが、
DOShakeでは方向にランダム性が加わっています。

👉DOShakePosition - ランダムが方向に振動

ランダムな方向に振動するトゥイーンです。

ShakePosition

transform.DOShakePosition(1f, 5f, 30, 1, false, true);

ご覧の通りランダムな方向へ振動するトゥイーンです。

引数 内容
1 トゥイーン時間
2 振動する強さ
3 振動数
4 手ブレ値
5 スナップフラグ ※参考 : Chapter 48🚀DOTweenミニTips集14/N選
6 フェードアウト

第6引数のフェードアウトをtrueにしているため、
時間経過とともに振動が弱まっていることが分かります。

📘フェードアウトについて解説

👉フェードアウト : OFF

transform.DOShakePosition(1f, 3f, 90, 30, false, false);

第6引数のフェードアウトをfalseにすると、
シェイクの勢いが一定のままになります。

👉フェードアウト : ON(デフォルト設定)

ShakePosition

比較すると衣装が大きく違います。

📘DOShakePositionの使い所

DOShakePositionの使いどことしては敵から
ダメージを受けた際のカメラ揺れなどが考えられます。

フェードアウトONの方が自然かもしれませんが、激しめの演出にしたいケースで
あえてフェードアウトOFFにしてテストしてみるというのはありです。

実際に実機で体感してみなけれは正解が見えないでしょう。

👉DOShakeRotation - Shakeの回転版

DOShakePositionの回転版です。
ランダムな回転アニメーションをお手軽に実装できます。

transform.DOShakeRotation(1f, 90f, 30, 90, true);

※パラメーターの内訳はDOShakePositionと同じなので割愛しています。

👉DOShakeScale - Shakeの拡大縮小版

DOShakePositionの拡大縮小版です。
ランダムな拡大縮小アニメーションをお手軽に実装できます。

transform.DOShakeScale(1f, 3f, 30, 90f, true);

※パラメーターの内訳はDOShakePositionと同じなので割愛しています。


DOShakeはDOPunchと違いランダムな方向へ振動します。

それぞれ印象が違いますし、パラメーターによっても大きく変化するため、
色々実験してみると良いでしょう。

DOShake系トゥイーンはFromメソッド、
SetEaseメソッドは適用されません。


次のチャプターは曲線上を動くトゥイーンを学びます。
DOPathです。

直線的な動きでつまらない。
そんなときの候補としてあがるのがDOPath。

表現力アップにつながるためしっかり覚えていきましょう。