Closed3

Kubernetesの非推奨・廃止予定APIに気づきたい

https://kubernetes.io/blog/2020/09/03/warnings/
  • v1.19から Warningsをクライアントに返すようになった(ガイド)。例えば、 kubectl apply -f ingress.yml などを実行する場合に、非推奨なAPIが使われていた場合、標準出力にWarningの通知が出力される。
  • CLI(kubectl):strict modeを使えば Warningをエラーとして扱うことができる。例えば、CIでのkubectl applyコマンドに適用すれば気付くことは可能。
  • Admission Webhook
  • Custom Resource Definitions

その他

このスクラップは2021/06/05にクローズされました
ログインするとコメントできます