🗂

ZennとGithub連携

2022/10/24に公開約1,000字

はじめに

いつも記事を移行とか考えるときにどこかで管理できたらいいのにな。と思っていたところ、
ZennとGithubと連携することで記事の管理をすることを知りました。
基本更新の手順を見れば誰でもできるはずですが、備忘録のために残しておきます。

環境

MAC Mini 2018

やったこと

以下を参考に実施しました。

GitHubリポジトリでZennのコンテンツを管理する
Zenn CLIの導入手順

セットアップに実行した内容は以下となります。
※npx zenn initは、実際にGithubと連携するディレクトリ上で実施するようにしてください。

% brew install npm
% npm init --yes
% npm install zenn-cli
% npx zenn init
Generating articles skipped.
Generating books skipped.
Generating .gitignore skipped.
Generating README.md skipped.

  🎉  Done!
  早速コンテンツを作成しましょう

  👇  新しい記事を作成する
  $ zenn new:article

  👇  新しい本を作成する
  $ zenn new:book

  👇  投稿をプレビューする
  $ zenn preview

zenn previewを実行するとhttp://localhost:8000でガイド情報を表示することができたり、
Uploadする前に記載内容の確認ができたりするので立ち上げてガイドをまずはよく読むと良いかと思います。

記事作成コマンドを実行する際には以下になります。

npx zenn new:article

上記コマンドを実行するとarticlesディレクトリ内にmdファイルが作成されるので、
作成されたmdファイルをベースに作成し、プレビューで確認しGithubへPushすることでZennで公開ができます。

終わり。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます