🔍

GA4の探索レポートでカスタム指標を設定するのにGTMで必要な実装

2022/11/05に公開約2,200字

GA4の探索配下のレポートで指標にコンバージョンを使いたいと思ったことはないでしょうか?
しかし、どれだけ探してもGA4で設定したコンバージョンが見当たらない....

実は、どこにもありません

ユニバーサルアナリティクスでは、GoogleAnalytics上で設定したコンバージョンをそのままカスタムレポートで使うことができました。

しかし、GA4からはカスタムレポートがなくなり探索配下のレポートを使う必要があります。探索では「カスタム指標」でコンバージョンを設定しなければなりません。

結論、GA4で自分で設定したカスタムコンバージョンを探索配下レポートで使うには、GoogleTagManagerでカスタムイベントを設定する必要があります。

GTMで設定したイベントのパラメータを使わないとカスタム指標は使えません。

本記事ではGA4とGTMの設定方法と実装方法を解説します。

GA4の探索レポートで使えるカスタム指標の設定の流れ

大きな流れを解説しておきます。

  1. GTMにカスタムイベントを設定する
  2. パラメータを用いてGA4でカスタム指標を設定する

1.GTMにカスタムイベントを設定する

GTMでGA4で使えるカスタムイベントを設定します。

まずGTMを開いて「新しいタグ」をクリック。

GA4イベントをクリック

「設定タグ」を選択

自分が設定したいGoogleAnalyticsアカウントの設定タグを選択する。

イベント名を命名します。

パラメータと値を設定します。

トリガーを設定します。

今回はサンキューページへのアクセスをトリガーにイベントが発火するようにしています。

2.パラメータを用いてGA4でカスタム指標を設定する

GA4に移り、「設定」をクリックします。

「カスタム定義」をクリックします。

「カスタム指標」をクリックします。

カスタム指標を作成をクリック

カスタム指標を設定していきます。

最後に

2022年にユニバーサルアナリティクスが停止されることが発表されたところなので、GA4に関する情報がまだまだ少ないのが現状です。

お恥ずかしながら、カスタム指標を利用するにはGTMで設定しなければならないことに気づくのに2ヶ月ほどかかりました。

少しでもこの経験がお役に立てると嬉しいです。

Discussion

ログインするとコメントできます