Open1

kubectl commands

$ kubectl config current-context        #現在のコンテキスト
$ kubectl config get-contexts           #コンテキストの一覧
$ kubectl config use-context <context>  #コンテキストの切り替え
ログインするとコメントできます