🐆

TypeScript概要

2022/04/13に公開約700字

TypeScriptとは

JavaScriptにコンパイルされる静的型システムが付いたJavaScriptの上位集合

コンパイルされるとは

TypeScriptをJavaScriptに変換させてJavaScriptを表示している
JavaScriptは規制が緩い

静的型システムが付いた

JavaScriptに変換する前に型検査される
型検査に通るように書く必要がある=この関数の戻り値はこういう型ですよってわかりやすく書く

JavaScriptの上位集合

JavaScriptで書いたコードは全部TypeScriptである
JavaScript+a がTypeScript( +aの部分は主に型)

なぜ使うのか

1. ドキュメントとしての側面を利用するため

→半自動的に関数の使い方がわかる
コメントを今まで書いていた人→本当にそのコメントが合っているのか定かではない
TypeScriptはエラーが出るため信頼できるドキュメントになる

2. Linterとしての側面を利用するため

→Linterとは、実行する前にそのコードが正しいかどうかを検証するツール
膨大なコードの時、エラーに気づきにくい。いろんなボタンを押した時に出るため。
TypeScriptはコンパイラーが自動的にコードを読んでエラーを見つけてくれる

3. ES5へのコンパイラとしての側面(トランスパイラ)

→ES6でコードを書いてもブラウザが追いつかない
ES5までは主要なブラウザが対応している
最新の書き方で書いてもダウングレードできる


Discussion

ログインするとコメントできます