ストレージは一体どこへ

1 min read読了の目安(約1600字

はじめに

こんにちは。高校2年の樅山です。
2020/11 から始まった、ものづくりをする高校生のための新しいグループ、「Palettte」が主催する Palettte Advent Calendar 2020 の12日目の記事となります。

パソコンのストレージが全くないので何が原因かを色々調べてみました。

ストレージがない!!!!!!!!!!(大声)

いくらなんでも残り2GB、3GBで耐え忍んでいたら、生産効率は実に2%まで落ちる(私調べ)。
大慌てでSSDを購入し、プロジェクトファイルなどを一式移すことに。

21GBのバカデカいファイルがゴソゴソと移動していく。

すると、(Applicationを多くインストールしたので赤いブロックは増えているが)大幅にHDD容量を改善できた。

しかしちょっと待って欲しい。

「その他」がありえないほどデカい
百歩譲っても「その他」とは呼べない。このパソコンのメインコンテンツとなっている。
120GBを適当にまとめて「その他」呼ばわりされても到底納得できない。
我々は「その他 120GB」の真相を突き止めるべく、HDDの奥地へ向かった...

やった(けど特に効果はなかった)こと

  • 再起動
  • OnyX(クリーナーソフトウェア)によるメンテナンス
  • ゴミ箱を空にする(微々たるもの)
  • セーフブート
  • iPhoneバックアップの削除(大昔にやったが、その他が増えるわけではない)

そもそもCacheは手動でよく消しているので、もっと根本的な解決策が欲しいと思いました。
多くの「その他」の容量圧迫解消を紹介しているサイトでは、上記のような解決方法を紹介しているが、実はこれらは根本的な解決になっていないようです。

「その他」 についても、「Macでは標準で扱っていないファイル」と解説されており、ふわっとしていて何を消せばいいのかよくわかりませんでした。

Finderで / を見てみる

「移動」から、直接 / を確認することができます。

開発をしているとあまりストレージを意識せずにいろいろなライブラリをインストールしてしまうことがありますが、どうやらコンパイラだったり、フレームワークだったりが積もり積もって40〜50GBになっているようでした。

/Users/<ユーザー名> でなるべく容量を減らしても、それ以前にある usr library private から不要な削除を調べて削除すると、容量圧迫をより改善できるかもしれません。

まとめ

SSDを買いましょう。