🙌

WordPress初心者がWordPressテーマ販売サービスの開発をはじめる

1 min read

とある企業の自社サービスのエンジニアとして就業しているが、急に自分でもWEBサービスを作りたくなった。

そこで現在、WordPressテーマ販売サービスを開発中なので、その作成の経緯などを話そうと思う。

はじめようと思った経緯

漠然と自分で何か収益の出せるWEBサービスを作ってみたかったというのが1番の理由である。

企業内でずっとエンジニアをやっていると、エンジニアという業務に慣れてきて飽きてくるのはエンジニアあるあるだ。

そういった場合、転職や現場を変えるエンジニアが多くを占めるだろう。

しかし、それすらも気が進まなくなってきたので、ビジネス寄り的のことに挑戦してみたくなったのだ。

百も承知ではあるが、新しいサービスを作っただけでは収益にはつながらない。

つまり、収益をあげるため集客やライティングといった技術も必要になり、上手くいけば、これらの能力も同時に身につけることができる。

また、開発業務と違って自分の時間を売るのではなく、サービスに働かせるということができるので収入の上限がないという点も始めようと思った大きなポイントだ。

WordPressに関する知見について

普段、自分はフロントエンド領域の開発を行なっており、WordPress開発に関してはあまりよく知らない。

レンタルサーバーの管理画面上でWordPressをインストールしてブログを公開したことはあるが、オリジナルテーマの作成や開発に関しては初心者の分類に入ると思う。

PHPに関してはLaravelを使って開発したことがあるので、言語に関しては問題なさそう。

どんなWordPressテーマを売るのか

よくあるアドセンスやアフィリエイト向けのブログのテンプレートではなく、各業界に特化したテンプレートをいくつか作成する予定だ。そちら方がまだまだ競合が少なそうなため。

これから

とりあえず、今は作成にとりかかっている最中なのでこちらで随時進捗状況などを報告していこうと思う。

Discussion

ログインするとコメントできます