Open3

Sendgridの仕様を調べる上での注意点

SendGridのAPI

FAQの回答がシンプルでわかりやすいが、概念的には「メール送信するもの」「SendGridのデータにアクセスするもの」「イベントフックするもの」の3つがあると覚えておいたほうがいい。

  • メール送信
    • Web API v3 Mail Send
    • SMTP
      • X-SMTPAPIヘッダを利用すればAPIと同等のカスタマイズが可能
  • WebAPI
    • ダッシュボードのデータを取得するためのAPI
  • Webhook
    • メール配信などのイベントをフックさせてPostするためのAPI

ややこしいポイント

ヘルプページやリファレンスをみると区分が異なっていて、わりと混乱する。
サイドメニューではWeb API v3の中にv3 Mail Sendというメール送信用のAPIがある。包含関係。
->

リファレンストップのドキュメントでは、Web API v3とメール送信系が同列。

ログインするとコメントできます