🤗

flutter(M1)でiOSデバイスの開発をできるようにする

2022/05/31に公開約900字

Deploy to iOS devices

基本的にflutterの環境構築はflutter公式に従う

https://docs.flutter.dev/get-started/install/macos

前提

flutter SDKをダウンロードが完了してること(Get the Flutter SDKが完了していること)

https://docs.flutter.dev/get-started/install/macos#get-sdk

ステップ1:cocoapodsのインストール

$ sudo gem install cocoapods

ステップ2:m1のmacではこのコマンドを実行する必要がある

$ sudo gem uninstall ffi && sudo gem install ffi -- --enable-libffi-alloc
~
If you remove this gem, these dependencies will not be met.
Continue with Uninstall? [yN]

と聞かれたが公式がコマンドを実行しろと言っているのでy(yes)した

ステップ3:Xcodeの設定を行う

①:ターミナル経由でXcodeを開く

利用するプロジェクトのフォルダ内でターミナルので下記を実行

open ios/Runner.xcworkspace

②:Signing & Capabilities > Team.でアカウントを選択/追加

アカウントが選択できない場合はApple IDを追加したら勝手に必要なフォルダ(Xcodeの開発証明書)が作成される

左側のボタンdownloads a provisioning profileをクリックしたら完了

そしたら、Teamの欄がadd accountだけだったのが、自分のアカウントを選択できるようになっているので、選択する

これでflutterでiOSアプリの開発できるはず

Discussion

ログインするとコメントできます