🐍

2021/12/23をもってPython 3.6がEOLになる

1 min read

これは何?

  • 2021/12/23をもってPython3.6がEOL(EndOfLife)を迎えます。
  • サポート対象外となるため、該当バージョンを利用している場合はバージョンの更新をする必要があります。

AWS Lambdaのランタイムに関して

新規構築

  • 2021/10/29現在でも Python3.6 をランタイムとしてLambdaの新規作成は可能のようです。
  • ただ冒頭で述べた通り、実サービスの運用を考えている場合はセキュリティの観点から Python3.7 以降を選んだ方が良いと思います。

既存の更新

  • バージョン更新先として選べるのは以下の3つになります。
    • Python3.7
    • Python3.8
    • Python3.9 (最新)
  • Python3.7 のEOLはおよそ1年半後(2023/06/27)ですが、特に理由や問題がなければこのタイミングで最新にしておいた方があとで楽かもしれません。

参考にしたもの

https://devguide.python.org/#status-of-python-branches
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/lambda-runtimes.html

Discussion

ログインするとコメントできます