🍓

Raspberry Pi Pico の開発環境セットアップ @ Ubuntu 20

2021/08/01に公開約1,400字

Raspberry Pi Pico 開発環境セットアップ

Ubuntu 20 環境をターゲットに、Rasbperry Pi Pico の開発環境のセットアップ手順をまとめています。

1. ツールチェーンのインストール

$ sudo apt install cmake gcc-arm-none-eabi libnewlib-arm-none-eabi libstdc++-arm-none-eabi-newlib

2. PICO SDKのインストール

$ git clone -b 1.2.0 https://github.com/raspberrypi/pico-sdk.git
$ cd pico-sdk
$ git submodule update --init
$ sudo mv pico-sdk /opt
$ export PICO_SDK_PATH=/opt/pico-sdk

3. サンプルコードをビルドして動かしてみる

$ git clone -b master https://github.com/raspberrypi/pico-examples.git

今回は、USB-UART で Hello, World を出力するプログラムをビルドしてみます。

$ cd pico-examples
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake ..
$ cd hello_world
$ make

プログラムデータの書き込み

ボードのBOOTSELボタンを押しながら、USB を PC に接続します。すると USB デバイスとして認識されるため、そこにビルド結果のファイルをコピーします。

cp ./usb/hello_usb.uf2 /media/${USER}/RPI-RP2

minicom

シリアルコンソールとして、minicom を利用します。

$ sudo apt install minicom

/dev/ttyACM0としてデバイスが認識されているため、それを指定します。

$ sudo minicom -D /dev/ttyACM0
Welcome to minicom 2.7.1

OPTIONS: I18n 
Compiled on Dec 23 2019, 02:06:26.
Port /dev/ttyACM0, 23:35:15

Press CTRL-A Z for help on special keys

Hello, world!
Hello, world!
Hello, world!
Hello, world!
Hello, world!
Hello, world!
Hello, world!

minicomの終了方法

  1. CTRL+A を押下してキーを離した後、続けて q キーを押下
  2. Leave without reset?」で「Yes」が選択されている状態で Enter キーを押下

Discussion

ログインするとコメントできます