Chapter 03

GitHub 連携

サンドボックスを GitHub リポジトリと同期したり、サンドボックスからフォークして Pull Request を作成できます。

GitHub からインポート

GitHub のリポジトリを元にしてサンドボックスにインポートできます。
サンドボックスの作成ウィザードから、[Import Project]を選択し、インポートしたい GitHub リポジトリの URL を貼り付け、[Import and Fork]を選択します。

import-from-github

ブランチやサブディレクトリもサポートしており、対応する URL を指定することでインポート可能です。

別の方法: GitHubBox.com を使う

GitHubBox.com を使うことでブラウザーのアドレスバーから簡単にインポートすることもできます。
インポートしたい GitHub リポジトリの URL のホスト名 github.comgithubbox.com に書き換えます。
たとえば、このサイトの GitHub リポジトリ (https://github.com/csb-jp/csb-jp.github.io)をインポートするには、URL https://githubbox.com/csb-jp/csb-jp.github.io にアクセスします。

リポジトリの作成

サインインが必要です。

サンドボックスを GitHub リポジトリとして書き出せます。
画面左端のアクティビティバーの中から[GitHub]を選択します。

activitybar-github

[Export to new GitHub repository] ペインの中で新しいリポジトリの名前を入力し、[Create new repository on GitHub] を選択すると、新しい GitHub リポジトリへの書き出しが開始されます。

new-repo

成功すると、GitHub リポジトリ https://github.com/{自分の GitHub アカウント名}/{入力したリポジトリ名} が作成されます。

"Unable to create the repo. Please refresh and try again or report issue." と通知され、書き出しに失敗した場合、GitHub リポジトリ側を操作して手動で片付けましょう。

リポジトリとの紐づけ

サインインが必要です。

サンドボックスを GitHub リポジトリと紐づけます。
[Link to GitHub repository] ペインの中の [Link Sandbox] を選択します。

link-to-github

Pull Request

サインインが必要です。

紐づく GitHub リポジトリへの Pull Request を作成できます。

コミット

コミットしたいファイルの変更を保存したら、[Changes] ペインの中の [Summary (required)] に変更内容の概要を入力します。

commit-changes

「ブランチを作成し PR を開始する ("Create branch csb-* for the commit and start a PR")」を選択し [Commit changes] を選択すると変更内容のコミットの含まれるブランチが作られ Pull Request が作成されます。