🕌

GitHubトークンを使ってリポジトリを安全に追加する方法

2024/07/07に公開

GitHubを利用して新しいリポジトリを作成し、ローカルで作成したファイルをリモートリポジトリにプッシュする手順を解説します。特に、GitHubトークンを使用してリモートリポジトリを追加する方法を詳しく説明します。

1. ローカルリポジトリの初期化

まず、ローカルリポジトリを作成します。ターミナル(コマンドプロンプト)を開き、以下のコマンドを入力します。

git init

これで、現在のディレクトリがGitのリポジトリとして初期化されます。

2. 初期ファイルの追加とコミット

次に、README.mdファイルを作成し、それをリポジトリに追加してコミットします。

git add README.md
git commit -m "first commit"

3. ブランチの設定

デフォルトのブランチ名をmainに変更します。

git branch -M main

4. リモートリポジトリの追加:GitHubトークンを使用

GitHub上にリポジトリを作成し、リモートリポジトリをローカルリポジトリに追加します。通常のコマンドでは認証エラーが発生することがあるため、GitHubトークンを使用することをお勧めします。

まず、GitHubの設定画面でトークンを生成します。生成したトークンを使用して、以下のようにコマンドを入力します。

git remote add origin https://<トークン>@github.com/ユーザーネーム/アプリ名.git

ここで、<トークン>の部分に生成したGitHubトークンを入力します。この方法でリモートリポジトリを追加すると、認証エラーを回避できます。

5. リモートリポジトリへのPush

最後に、ローカルのコミットをリモートリポジトリにプッシュします。

git push -u origin main

これでローカルリポジトリの内容がリモートリポジトリにアップロードされます。

おまけ:git remote系のコマンド

リモートリポジトリに関する詳細なコマンドや使い方については、以下の記事が参考になります。

以上が、GitHubトークンを使用してリモートリポジトリを追加する方法を中心としたGitHubリポジトリの作成からローカルリポジトリの内容をプッシュするまでの手順です。トークンを使用することで、認証エラーを回避し、安全にリポジトリを操作できます。

Discussion