🥚

WSL2 + Ubuntu に最新の Git をインストールする方法

1 min read

Windows Subsystem for Linux (WSL) の Ubuntu に最新バージョンの Git をインストールする方法をまとめます。手っ取り早くインストールしたい人は 結論 に飛んでください。

環境

  • Windows 11 Pro
  • Ubuntu-20.04

本題

まずは普通に Git をインストールしてバージョンを確認してみます。

$ sudo apt update && sudo apt upgrade
$ sudo apt install git && git --version
git version 2.25.1

はい。少し古いバージョンがインストールされました。この記事を書いているときの最新バージョンは 2.34.1 ですが、 2.25.1 がインストールされたので、Ubuntu 公式のパッケージリポジトリに最新の Git は無いようです。このバージョンではデフォルトブランチを変更することもできないので、最新のバージョンをインストールします。

https://github.blog/2020-07-27-highlights-from-git-2-28/

Personal Package Archives (PPA) を追加する

公式リポジトリに古いバージョンしか無いのであれば、最新のバージョンがあるリポジトリを追加する必要があります。幸いなことに Git は Ubuntu 用に Personal Package Archives (PPA) を公開しているので、これを使用します。

$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
The most current stable version of Git for Ubuntu.
.
Press [ENTER] to continue or Ctrl-c to cancel adding it.
.
.
パッケージリストを読み込んでいます... 完了

※まれに Error: retrieving gpg key timed out. などのエラー出ることがありますが、時間を置いてから再度実行すると通ることもあるので、何度か試しましょう。

新しいバージョンをインストールする

PPA をリポジトリに追加したら、最初に打ったコマンドを実行して、最新のバージョンがインストールされたことを確認します。

$ sudo apt update && sudo apt upgrade
$ sudo apt install git && git --version
git version 2.34.1

結論

公式の Download for Linux and Unix > Debian/Ubuntu に書いてあるコマンドを愚直に実行するとインストールされます。

https://git-scm.com/download/linux

ついでに WSL で Git を使用する場合は Microsoft Docs の WSL チュートリアルにドキュメントがあるので参考にしましょう。

https://docs.microsoft.com/windows/wsl/tutorials/wsl-git

Discussion

ログインするとコメントできます