🍣

npm init svelte@nextの後に結局エラーが出てしまう状況の中でSnowpackをSvelteで使う方法

1 min read

Snowpackが何かを知りたいなら使うしかない

Svelteの新しいバージョンではSnowpackが採用されるとのこと。そこでSvelteに関する最新情報に基づいてSnowpackを試してみようと思っても、まだ導入出来ない状況なのです。
ターミナル画面で表示された警告メッセージ”STOP!”
しかし、ある方法を使えば、以下の通り、SnowpackをSvelteで使うことができるようになるのです。
画像:@snowpack/app-template-svelteを起動してブラウザで見る

SnowpackのOfficial App Templateをインストールする

下の画像を御覧ください。その画像のリストにはSvelte用のテンプレートが含まれているのが分かると思います。
create-snowpack-appをインストールする

例えば僕は、以下の通りiterm3に打ち込みます。これが、今回あなたに伝えたかったことなのです。

npx create-snowpack-app my-svelte-snowpack-template --template @snowpack/app-template-svelte

インストールが終わったら、お約束のコマンドをどうぞ!

cd my-svelte-snowpack-template
npm run dev

あなたのPCのターミナルに表示されるのは以下の画像のようになるでしょう。(この表示はイケてる!と個人的には思っています)
ターミナル画面:npm run devを実行した結果