👨‍💻

Windows + WSL2で開発端末をセットアップする

2024/06/27に公開

この講座では、Windows 10でWSL2 (Windows Subsystem for Linux 2) を利用して開発環境をセットアップする方法を学びます。WSL2を活用することで、Linuxの豊富な開発ツールをWindows上で効率的に使用できるようになります。

1. はじめに

Windows Subsystem for Linux (WSL) は、Windows上でネイティブにLinuxコマンドラインツールとアプリケーションを実行できる機能です。
WSL2はこれをさらに進化させ、高速なファイルシステムパフォーマンスと完全なシステムコールの互換性を提供します。

2. 必要な要件

  • Windows 10 バージョン1903以降(ビルド18362以上)
  • インターネット接続
  • 管理者権限

3. WSLの有効化

ステップ1: Windows機能の有効化

Windowsキーを押して、**「Windows の機能の有効化または無効化」**と入力して選択します。
**「Windows Subsystem for Linux」**にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

システムの再起動を求められたら再起動します。

ステップ2: WSL2 のインストール

PowerShellを管理者として開きます。

以下のコマンドを入力して、WSL2 を既定のバージョンとして設定します。

wsl --set-default-version 2

4. Linuxディストリビューションのインストール

ステップ1: Microsoft Storeからのインストール

Microsoft Storeを開きます。

好みのLinuxディストリビューション(例:Ubuntu)を検索してインストールします。

インストールが完了したら、アプリを起動して初期セットアップ(ユーザー名とパスワードの設定)を行います。

5. WSL2 の確認

ステップ1: ディストリビューションのバージョン確認

PowerShellを開きます。

以下のコマンドを入力して、インストールされたディストリビューションのバージョンを確認します。

wsl -l -v

ステップ2: ディストリビューションを WSL2 に変更

もしディストリビューションがWSL1で動作している場合、以下のコマンドを使用してWSL2に変更します。

wsl --set-version <ディストリビューション名> 2

6. 開発環境のセットアップ

ステップ1: 必要なパッケージのインストール

WSL2上でターミナルを開き、必要なパッケージ(例:Git、Node.js、Pythonなど)をインストールします。

sudo apt update
sudo apt install -y git nodejs npm python3 python3-pip

ステップ2: Visual Studio Codeのインストール

Visual Studio Codeをインストールします(https://code.visualstudio.com/)。
Visual Studio Codeを開き、拡張機能から**「Remote - WSL」**をインストールします。

7. プロジェクトの作成と実行

ステップ1: 新しいプロジェクトの作成

WSL2ターミナルでプロジェクトディレクトリを作成します。

mkdir my-project
cd my-project

ステップ2: Visual Studio Codeでプロジェクトを開く

WSL2ターミナルで以下のコマンドを実行して、Visual Studio Codeでプロジェクトを開きます。

code .

ステップ3: サンプルアプリケーションの実行

1. プロジェクトディレクトリ内でサンプルアプリケーションを作成し、実行します。例えば、Node.jsアプリケーションを作成する場合:

npm init -y
npm install express

2. index.jsファイルを作成し、以下の内容を記述します。

const express = require('express');
const app = express();
const port = 3000;

app.get('/', (req, res) => {
    res.send('Hello World!');
});

app.listen(port, () => {
    console.log(`Example app listening at http://localhost:${port}`);
});

3. 以下のコマンドでアプリケーションを実行します。

node index.js

8. トラブルシューティング

よくある問題と解決策

WSL2のインストールや設定で問題が発生した場合の解決策を記載します。

Discussion