Open3

EMRちゃんと理解する

クラスターの構成

3種類のノードからなる。
いずれもスポットインスタンスの利用可能。

1️⃣ マスターノード

必ず存在するノード。
クラスター内のデータやタスクの分散度合を管理する。

1台 or マルチノード構成(3台)の2択。
あとから増減できない。

2️⃣ コアノード

タスクの実行 + HDFSへのデータ保存をするノード。

マルチノードクラスターだと、最低1台必要。

3️⃣ タスクノード

タスクの実行のみ、のノード。

なくてもOK。

ノードのグルーピング

ノードの種類ごとに

  • ユニフォームインスタンスグループ
  • インスタンスフリート

のいずれかの形でグルーピングされる。

1️⃣ ユニフォームインスタンスグループ

グループ内の全ノードで、

  • 購入オプション
  • インスタンスタイプ
  • EBSストレージ

に同じ設定が適用されるタイプ。

グループ内のノードの増減、グループ自体の増減可否は、ノードの種類によって異なる。

種類 ノードの増減 グループの増減
マスターインスタンスグループ
コアインスタンスグループ
タスクインスタンスグループ

2️⃣ インスタンスフリート

同一のグループ内で、

  • 購入オプション
  • インスタンスタイプ

を組み合わせられるタイプ。

EMRが最適な構成をマネージドでプロビジョニングしてくれる。

作成者以外のコメントは許可されていません