Open4

Babylon.js HoloLens WebXR

はじめに

WebXRの開発を容易にするために、WebXRを自動的に初期化し、ARやVR体験を開発するための環境を提供するWebXRヘルパーを提供しています。WebXRエクスペリエンス・ヘルパーは完全に設定可能で、非常に柔軟かつ簡単に使用することができます。

WebXR体験ヘルパーで基本的な機能セットを提供し、Default WebXR体験ヘルパーでUIやテレポーテーションなどを含む完全なXR体験を提供します。

使いやすさを重視する場合はDefault Experienceを、決定事項をより詳細に制御したい場合はBasic Experience Helperを使用することをお勧めします。

なお、エクスペリエンス・ヘルパーは必ず使用しなければならないわけではありません。これらのヘルパーの外では、すべて自分で行うことができます。

Basic usage

The basic experience helper will:

  • Initialize the XR scene
  • Create an XR Camera
  • Initialize the features manager

また、XRセッションの入力や終了のためのヘルプ機能も備えています。

エクスペリエンス・ヘルパーはプロミス・ベースであり、技術的にはそのヘルプ機能はほとんど非同期であることを意味しています。

WebXR Experience Helper を使用するには、まず、静的ファクトリーを使用して WebXR Experience Helper を作成します。

WebXR Experience Helper を使用するには、まず、静的ファクトリーを使用して、WebXR Experience Helper を作成します。

const xrHelper = await WebXRExperienceHelper.CreateAsync(scene);
ログインするとコメントできます