Open1

Babylon Native Android

https://github.com/BabylonJS/BabylonNative/blob/master/BUILDING.md#building-on-windows-targeting-android

Building on Windows, Targeting Android

Windowsで行う

Required Tools: Android Studio, Node.js, Ninja

The minimal requirement target is Android 5.0 with an OpenGL ES 3.0 compatible GPU.

Only building with Android Studio is supported. CMake is not used directly. Instead, Gradle is used for building and CMake is automatically invocated for building the native part. An .apk that can be executed on your device or simulator is the output.

First, download the latest release of Ninja, extract the binary, and add it to your system path.

Babylon Native on Android supports two JavaScript engines: V8 and JavaScriptCore. V8 is used by default if no engine is specified. To change the engine to JavaScriptCore, open the file Apps\Playground\Android\gradle.properties and add the following line:

最小要件ターゲットは、Android 5.0、OpenGL ES 3.0対応GPUです。

Android Studioでのビルドのみサポートします。CMakeは直接使用しません。代わりに、ビルドにGradleを使用し、ネイティブ部分のビルドにCMakeが自動的に呼び出されます。端末やシミュレータで実行可能な.apkが出力されます。

まず、Ninjaの最新リリースをダウンロードし、バイナリを展開し、システムパスに追加します。

Babylon Native on Androidは、2つのJavaScriptエンジンをサポートしています。V8とJavaScriptCoreです。エンジンが指定されていない場合、デフォルトでV8が使用されます。エンジンをJavaScriptCoreに変更するには、AppsPlaygroundのArndroidGradle.propertiesを開き、以下の行を追加してください。

ログインするとコメントできます