🕊

[Swift] nil の意味を明確にする方法

2022/10/18に公開約1,700字

モチベーション

nil を乱暴に多用していると nil が表す意味が複数に膨れ上がってしまうため、何のために nil にしているかを変数から察することができないかと考えました。

nil の意味を明確にする方法

以下のように Optional を拡張すると、変数名から nil の意味を明確にすることができます。

extension Optional {
    static var nilForDefault: Wrapped? {
        nil
    }

    static var nilForError: Wrapped? {
        nil
    }
}

// 使い方
var num: Int? = .nilForDefault
var str: String? = .nilForError

使い方(応用)

where Wrapped == 型名 で型を絞り込んで、nil を定義することもできます。

extension Optional where Wrapped == Int {
    static var nilForXXXXX: Wrapped? {
        nil
    }
}

var num: Int? = .nilForDefault // nil
var str: String? = .nilForXXXXX // Type 'String' has no member 'nilForXXXXX'

そもそも

nilForError などを使うことは間違っていて、Error を throw するように実装していない証拠かもしれません。

以上です。

補足(ダメな例)

ダメな例 その1

以下ではうまくいきません。

enum Nil {
    static let forDefault: Optional<Any> = nil
}

var num: Int? = Nil.forDefault as! Int // expression failed to parse: error: op.playground:3:5: error: consecutive statements on a line must be separated by ';'

そもそも Nil.forDefaultOptional<Any> 型であり、Optional<Int> ではないので、as! or as? で型を判定しなければならなく、うまくいきません。

ダメな例 その2

Optional<Any> でダメなら、型を指定すればよいという考え方です。

struct Nil {
    static let forDefault: Optional<Int> = nil
}

var num: Int? = Nil.forDefault // OK
var str: String? = Nil.forDefault // NG: Cannot convert value of type 'Optional<Int>' to specified type 'String?'

as! or as? でキャストする必要はなくなりましたが、すべての型において、いちいち定義しなければならないので、使い勝手が悪いです。

ダメな例 その3

static で生やさない場合の例になります。

extension Optional {
    var nilForDefault: Wrapped? {
        nil
    }
}

var num: Int? = .nilForDefault // ← これはできない

// これならできるが、やりたいことではない
num = 0
num.nilForDefault // nil

一度インスタンスを生成しないと、使えません。
用途が異なります。

以上、補足でした。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます