WPプラグイン「All-in-One WP Migration」を使って簡単にWordPressをデプロイする

2 min読了の目安(約2000字TECH技術記事

前回の記事でAWSを用いてWordPressを立ち上げたので今回は既存WordPressサイトをそちらに移していきます。
前回の記事はこちら
AWS初心者がWordPressをEC2&RDSで立ち上げる

今回の実装内容

  • さくらサーバで運用していたWordPressサイトを新しく構築したAWS上のWordPressに移行する。
  • WPプラグイン「All-in-One WP Migration」を使用する。
  • WPプラグイン「All-in-One WP Migration」の転送容量の制限を解除する。
  • トップページ以外404エラーになる問題を解決する。

事前準備

移行したいサイトと移行先のサイトをそれぞれ用意します。
この際、移行先のサイトではWordPressをインストールするだけで他は何も触らなくてOKです。
(移行したら上書きされるため。)

WPプラグイン「All-in-One WP Migration」のインストール

移行するサイト、移行先のサイトの両方にWPライブラリ、All-in-One WP Migrationをインストールします。

インストール出来たら有効化します。
左横のメニューバーにAll-in-One WP Migrationと表示されれば成功です。

WordPressデータをエクスポートする

移行するサイト側の作業になります。
左横のメニューバーにある「All-in-One WP Migration」からエクスポートと進みます。
エクスポート先からファイルを選びダウンロードします。

ファイルがダウンロード出来たら成功です。

WPプラグイン「All-in-One WP Migration」の転送容量の制限を解除する

移行先サイトで先ほどダウンロードしたファイルからデータをインポートするのですが、デフォルトだと2MBまでしか転送できません。これを10GBまで転送が出来るようにします。
移行先サイト側の作業になります

専用プラグインをインストールする

  1. 下記のリンクから専用のプラグインをダウンロードします。
    https://import.wp-migration.com

    Downloadを押してあげればOKです。
  2. ダウンロードしたプラグインを移行先サイトにインストールする。
    プラグイン>新規追加ページのページ上部にあるプラグインのアップロードから1でダウンロードしたフォルダをアップロードします。(展開しなくて大丈夫です。)
  3. 確認
    All-in-One WP Migration>インポートで容量を確認してあげると容量が10GBまで増えています。

WordPressデータをインポートする

移行先サイト側の作業になります
All-in-One WP Migration>インポートを開きます。
インポート元で先ほどダウンロードしたファイルを選択し、インポートします。

以上で完了です。

メモ

  • インポートは出来たけど、パーマリンク設定を基本にしないと404エラーが出ます。解決できていないので誰か教えてくれるとありがたいです。