🐶

RubyMineを自分用にカスタマイズしてみた【設定・プラグイン】

2 min read


今までPHPを書いていたのですが、インターンでrailsを使いそうなのでRubyMineを入れて自分用にカスタマイズしようと思います。主にプラグイン導入とキー割り当てを行います。OSはWindows10です。

事前準備

  • RubyMineがインストールされていること
    今回はRubyMineをインストールしていますが、IntelliJ IDEAであれば参考になると思います。

プラグイン導入

名称 動作
Key Promoter X ショートカットキーを教えてくれる
Rainbow Brackets カッコ同士の対応を分かりやすくする
Railsway railsのrouteを表示してくれる
BrowseWordAtcaret 選択した単語をファイル内でハイライトする
GitToolbox git管理が便利になる
HighlightBracketPair 選択したカッコのペアを表示する
Json Viewer Jsonを見やすくフォーマットする
Quick File Preview ファイルをクリックでプレビュー、ダブルクリックで開くようにする

上3つは大分便利です。
Dockerなどの仮想環境でRailsWayを使う場合はインタープリターの設定をしてあげましょう。

https://pleiades.io/help/ruby/configuring-language-interpreter.html#add_local_ruby_interpreter

設定

主にキーの割り当てを変更しました。

動作 変更前キー 変更後キー
ターミナルを開く Alt + F12 Ctrl + @
RailsWayを開く なし Alt + 0
commitする Ctrl + k なし
commitウィンドウを表示 Alt + 0 Ctrl + k
pull なし Alt + p

たまにVScodeも使うのでターミナルの開き方は統一しています。
またデフォルトではCtrl + k でコミット出来るのですが、ウィンドウを閉じるのはAlt + 0でやらなければならないのがもどかしかったため統一しました。

メモ

正直まだまだ知らないプラグインがあると思います。また見つけ次第更新します。
カラースキームの設定もデフォルトに飽きたら変更しようと思います。
おすすめの設定やプラグインがあれば是非教えていただきたいです!

Discussion

ログインするとコメントできます