👾

開発環境メモ【令和3年12月版】

2021/12/04に公開約1,800字

自分向けのメモを晒してみる。書きかけ。
現在の状況やらアップデートに必要な手順やら。

mac

Mac mini(M1,2019)

macOS Monterey(12.0.1)

docker

Visual Studio Code

メインはこれ。

Neovim

brewでインストール
ESCキーで日本語入力をオフにするためKarabiner-Elementsを使用。

Neovimに追加しているもの

(dein)[https://github.com/Shougo/dein.vim]
(asvetliakov/vim-easymotion)[https://github.com/asvetliakov/vim-easymotion]
(easymotion/vim-easymotion)[https://github.com/easymotion/vim-easymotion]
(mg979/vim-visual-multi)[https://github.com/mg979/vim-visual-multi]

Visual Studio 2022 for Mac Preview 3

実務ではVisual Studioは利用していないので、Previewを使ってみるだけ。
Android Emulatorはまだこれを使う必要があった。正解かはわからん。(AVD Managerが起動しないのだよ)

Android Studio Arctic Fox(arm64 Preview)

サンプルで作ったアプリを定期的にビルドしてる。

Xcode 13.1

サンプルで作ったアプリを定期的にビルドしてる。

anyenv

Node.js、Python、Rubyのバージョン管理にnodenv、pyenv、rbenv利用。(Pythonは、pyenv-virtualenvで用途ごとに環境をわけている)
アップデートはanyenv-updateを使う。
$ anyenv update
nodenv
$ .anyenv/envs/nodenv/plugins/node-build && git pull
pyenv
$ .anyenv/envs/pyenv/plugins/python-build && git pull
rbenv
$ .anyenv/envs/rbenv/plugins/ruby-build && git pull

Windows

Surface Laptop 4(AMD Ryzen 5)

Windows 11 Pro(21H2)

docker

Visual Studio Code

Neovim

WLSのubuntu20にインストール
0.50以降を使うため、Neovim PPAからインストール。
ESCキーで日本語入力をオフにするためzenhan.exeを使用。

Neovimに追加しているもの

(dein)[https://github.com/Shougo/dein.vim]
(asvetliakov/vim-easymotion)[https://github.com/asvetliakov/vim-easymotion]
(easymotion/vim-easymotion)[https://github.com/easymotion/vim-easymotion]

Visual Studio 2022

サンプルで作ったアプリを定期的にビルドしてる。

Android Studio Arctic Fox

サンプルで作ったアプリを定期的にビルドしてる。

Discussion

ログインするとコメントできます