😺

新感覚のタスク管理サービス「LimiDo」を作った話

1 min read

今回は、"新感覚のタスク管理サービス「LimiDo」を作ったのでそのことについて書いていきます。

LimiDoとは?

LimiDoとは、新感覚のタスク管理サービスです。他のタスク管理サービスとの差別点は、

  • 一度に追加できるタスク数が有限であること(デフォルトは4つ)
  • タスク追加後24時間経過時に未完了のタスクを強制的に削除する
    の2点です。

使った技術

  • express.js
  • typescript
  • tailwind css

開発経緯

私はこれまでたくさんのタスク管理サービスを使ってきました(TickTick, todoist, plan, etc...)
集中するためにタスクを可視化する目的で使っていましたが、ふと気づくとたくさんのタスクで溢れかえっている状態になっていました。これではタスク管理できてないじゃないか…
その時ふと、「一度に追加できるタスクをあえて制限すれば、本当に重要なタスクしか追加しなくなるのでは?」と思いました。そこから、この機能は今までのタスク管理サービスをとは全く違った角度からアプローチできて、この問題を抱えている人も多いのでは?と思い開発をスタートしました。

タスクの強制リセット機能

この機能は自分的に最も重要だと感じています。これを見ている皆さんでタスク管理サービスを使ったことのある方は、前日の未完了タスクが残っているのを見て、気分が下がったことがあるかと思います。自分もその一人です。
LimiDoのアイデア出しの際、タスクが残っていることのメリットを自分なりに考えてみました。ですが特になくても良いのではという結論にたどり着きました。前日できなかったことは覚えているはずですし、また次の日にもう一度追加しなおせばいい。未完了なまま残っているとそれがストレスになるなら、残しておく必要性もない。ならばサービス側で強制的に削除すれば、ストレスを感じなくて済むだろう。ということでこの機能を追加しました。(これによりDBを使わずにLocalStorageで済ませることができました。お得)

技術的な感想

今回私はTypeScriptとtailwind CSSという比較的モダンな構成でこのサービスを作りました。TypeScriptは型をつけるために考えながらコードを書かないといけないので、いつもよりも思考がクリアだった気がします。正直素のJSには戻りたくないと感じる程に使いやすかったです。
tailwind CSSは、クラス名がわかりやすく、最初少しドキュメントを読んだだけであとは推測で書くことができました。これ何気に嬉しかったです。なによりCSSを書かずにHTMLで指定できるのは、効率的だと感じました。
どちらの技術もこれからメインで使っていきたいです。

最後に

limiDoをもっと進化させていきたいので、もしなにかアイデアやバグなどありましたら、製作者のTwitterまでご連絡ください。