vimでGitのコミットプレフィックス入力を効率化しよう!

1 min read読了の目安(約800字 2

みなさんGitのコミットメッセージをどう書いていますか?私はvimで書いています。
なので今回は、Gitのコミットメッセージに含めるprefixの入力をvimの標準機能を使って効率化する方法を書いていきます。

デモ

使う機能

  • abbrev
  • autocmd,augroup

コード

augroup gitabbr
  autocmd!
  autocmd FileType gitcommit iabbrev add [add]
  autocmd FileType gitcommit iabbrev fix [fix]
  autocmd FileType gitcommit iabbrev feat [feat]
augroup END

解説

今回はadd などよく使う単語で設定しているので、autocmdを使ってfiletypeが gitcommit の時のみ適応されるようにしています。

autocmd FileType gitcommit iabbrev が今回のポイントになっています。

iabbrevは、インサートモードのときにだけ、短縮入力を定義するものです。これにより、

  • filetypeがgitcommitである
  • インサートモードである

という状況下において、短縮入力が動作します。

まとめ

今回は、Gitのコミットメッセージに含めるprefixの入力をvimの標準機能を使って効率化する方法を書いていきました。
abbrevは、スニペットを使うほど大きくない場合にサクっと使えるのでとても便利です。
みなさんも是非、試してみてください!