🐅

SNS分析ツール「Keyhole」

2020/12/03に公開約2,100字

概要

様々なSNS分析のツールの中で、Keyholeが使いやすかった。

https://keyhole.co/

特徴

  • カナダ製ですべて英語
  • 多機能かつ競合分析に強い
  • インフルエンサー管理もできる
  • 無料で2週間お試し可能

機能

以下の4つがある。

  1. ソーシャルリスニング&キャンペーントラッキング
  2. ソーシャルメディアアカウントアナリティクス
  3. インフルエンサーマネジメント
  4. クイックサーチ

1と2が比較的よく使いそう。
3はインフルエンサーマーケ&SNSアカウントとの連携が必要なため、限られた利用と思う。
4はキーワードの出現状況を確認できるが、日本語に弱く現状ではまだ使いづらいのではないか。

分析可能なSNS

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook(ただし連携が必要かも?)
  • ニュース
  • ブログ
  • フォーラム

1. ソーシャルリスニング&キャンペーントラッキング

設定したキーワードやハッシュタグをトラッキングする。
「Add New Tracker」からトラッカーを設定して使う。

トラッカーは無料だと3つまで作成できる。
Facebookは基本的に参照できないかも。

Dashboard

ダッシュボード。グラフィカルで見やすい。
投稿数、ユーザー数、エンゲージメント数、リーチ、impなどが確認できる。

Timeline、Top Posts、Location、Genderなど。
「Most Linked Websites」は参考になりそう。
この機能に限らず、拡散結果(リーチ数やimp)を確認できるのがKeyholeの強みと思われる。

Posts

投稿一覧。設定したトラッカーに応じた投稿を拾ってくる。
右上に「EMBED」とあり、iframeで自サイトに埋め込むことも可能。
表示方法をサムネ表示に切り替えられる。これをキャプチャすれば、それなりの見た目のレポートができる。

Sentimentという感情分析の項目がある。が、日本語だとすべてニュートラルになるよう。

CSVエクスポート可。

Influencers

インフルエンサーの一覧。
平均エンゲージメント数が確認でき、有力なインフルエンサーや投稿を調べることができる。
impは投稿数×フォロワー数で単純に算出していると思われる。

Bioからプロフィール検索ができる。

トレンド分析的な機能。
日本語解析がうまくいかないようで、あまり使うことはなさそう。

Media Wall

投稿のウォール表示。ちょっと見た目がいいレポートが作れそう。

URLで共有&埋め込み可能。

Tracker Settings

設定画面。かなり細かく設定できる。

ドメインやアカウントでフィルタできる。
通知は条件設定が可能。

Facebookはアカウント連携すればデータが取れるかもしれない。

Historical Data

TwitterとInstagramオンリーだが、過去データのダウンロードが有料で可能。
これはなかなかない気がする。

2. ソーシャルメディアアカウントアナリティクス

以降ではアカウント未連携の場合を記載。

Dashboard

ダッシュボード。
投稿数、エンゲージメント数が確認できる。
アカウント連携したらリーチ、imp、エンゲージメント率も閲覧可能になるはず。

エンゲージメントの高い投稿、フォロワー数の推移なども追うことができる。

PDFやxlsxでエクスポート可能。

Optimization

最適化のための画面。
投稿タイミング、文字数、ハッシュタグなどでエンゲージメントの高い投稿を分析できる。

Posts

投稿一覧。検索可能。

3. インフルエンサーマネジメント

未確認。

4. クイックサーチ

特定キーワードのSNSでの露出状況を確認できる。
そもそも出現回数が少ないキーワードだと意味がないかも。

同画面に吹き出しで検索履歴や最近のトレンドが並んでいる。
ここのテーマを盛り込んで投稿すれば、高いimpが期待できるということか。
過去データは3か月前まで分析できる。

料金

https://keyhole.co/plans/?redirect=true
ミニマムで月$49。ソーシャルリスニングとインフルエンサーマーケティングのみ。
全部盛りだと月&59。あまり変わらない。

トラッカーをON/OFFできるが、OFFにするのを忘れているとずっと料金がかかる。

感想

  • メールアドレスだけですぐトライアルができる
  • 2年前と比べて機能が増えている。この種のツールにしては、機能拡張が速い印象
  • 以前1回だけ問い合わせしたら、親身に対応してもらえた
  • 今回はスクリーンショットを貼り付ける余裕がなかった。そのうち時間のあるときにやってみたい。

Discussion

ログインするとコメントできます