🐙

Windows11にDockerをインストールし、Ubuntu22.04の環境を構築する方法

2022/10/20に公開約8,200字

はじめに

説明

当記事の構成についてです。

  1. Docker Desktop のインストール方法
  2. Docker Hub から Ubuntu のイメージをpull(インストール)して環境を構築する方法

上記の2部構成で解説します。

当環境

  • Windows 11 Pro 64bit

注意点

  • docker 自体のインストールですが、今回は Docker Desktop をインストールします。Winddows の場合は Winddows 10 Pro 以上の64bit がインストールされていることが要件です。
    (それ以下の場合は Docker Desktop ではなく docker toolbox のインストールになります。又、今回の記事は Docker Desktop についての解説の為、用意しておりません。(。-人-。) ゴメンネ)

そもそも Docker とは

ここは凄くざっくりと書きます。(いずれちゃんとした解説記事を出します!)
一言で言うと、仮想環境を構築する為のツールです。
自分のPC上(Windows とか Mac とか)に別の環境を作れますよ。というものです。

コンテナ型と言われるDocker 以外にも、ホスト型の VirtualBox とか、ハイパー型の VMware とか色々ありますが、今回はより早く簡単に軽量な仮想環境を構築出来る Docker を使っていきます。

コンテナ型、ハイパー型、ホスト型などの違いについても、近々まとめる予定です。

手順

1. Docker Desktop のインストール方法


1.1 まずは公式サイトより、Docker Desktop のインストールを行います。

自分の環境にあったインストーラーをダウンロードして下さい。
(当方、Windows のため Docker Desktop for Windows を選択しています)

1-2. 「Docker Desktop for Windows」をクリック。

1-3. ダウンロード完了後、Desktop に追加されました。ダブルクリックして起動します。

1-4. lnitializing(初期化)の画面が出ますので、このまま少し放置します。

1-5. Configuration の画面では、2つともチェックが入っている事を確認して「OK」ボタンをクリック。

1-6. ここで、ファイルの解凍が始まりますので、同じく待機です。

(私の環境では2~3min でした)

1-7. installation succeeded(インストール成功)と表示されていますので、これでOKです。

このあと、再起動が必要なので「Close and logout」で再起動を実行します。

1-8. 利用規約画面です。問題なければ「Accept」 をクリック。

1-9. これが Docker の desktop 画面!これでインストール完了です。

動作確認

Windows ならコマンドプロンプト(power shell でも可)Macならターミナルを起動します。

docker run hello-world と入力し Enter を押す。
以下のような出力がされると成功。正常に動作しています。

C:\WINDOWS\system32>docker run hello-world
Unable to find image 'hello-world:latest' locally
latest: Pulling from library/hello-world
2db29710123e: Pull complete
Digest: sha256:18a657d0cc1c7d0678a3fbea8b7eb4918bba25968d3e1b0adebfa71caddbc346
Status: Downloaded newer image for hello-world:latest

Hello from Docker!
This message shows that your installation appears to be working correctly.

To generate this message, Docker took the following steps:
 1. The Docker client contacted the Docker daemon.
 2. The Docker daemon pulled the "hello-world" image from the Docker Hub.
    (amd64)
 3. The Docker daemon created a new container from that image which runs the
    executable that produces the output you are currently reading.
 4. The Docker daemon streamed that output to the Docker client, which sent it
    to your terminal.

To try something more ambitious, you can run an Ubuntu container with:
 $ docker run -it ubuntu bash

Share images, automate workflows, and more with a free Docker ID:
 https://hub.docker.com/

For more examples and ideas, visit:
 https://docs.docker.com/get-started/

C:\WINDOWS\system32>
  • コマンドの説明
    docker run というコマンドは、イメージをダウンロードして、そのイメージからコンテナを起動するというもの。
    今回 hello-world と指定した為、hello-world のイメージが起動されたという事になります。

hello-world というイメージをダウンロードして、そのイメージからコンテナを起動する。
と言った感じです。

※ちなみに、hello-world と言うのは動作確認用のイメージです。
(これ以外に使う用途はないですが、上記の様に表示されていれば正しく動作しているのが確認出来ます)

Whalesay イメージを使用して遊んでみる

コマンドの書式

docker run docker/whalesay cowsay [ここに好きな言葉を入れる]

適当に良い感じの言葉を入れてみます。

こんなことができる。
好きな言葉を入れることになって、吹き出しにその言葉を入れて遊べます。
これが、cowsay というプログラム。

2. 環境構築手順


2.1 docker hub の公式サイトを開き、「Explore」をクリックして、docker に公開されているイメージを確認する。

2.2 これが公開されている docker イメージ

2.3 「Ubuntu」 と検索。今回はオフィシャルで出しているものを使います。

(自分で、新しいイメージを作って構築する方法もありますが、今回は簡単に環境を作る方法をお伝えしたいので既に出ているイメージを使います。)

2.4 Ubuntu の環境を作っていきます。

まずは、コマンドプロンプト(MACならターミナル)を開きます。
先ほどの画像、右上に書いている docker pull ubuntu:22.04 を実行していきます。

C:\WINDOWS\system32>docker pull ubuntu:22.04
22.04: Pulling from library/ubuntu
cf92e523b49e: Pull complete
Digest: sha256:35fb073f9e56eb84041b0745cb714eff0f7b225ea9e024f703cab56aaa5c7720
Status: Downloaded newer image for ubuntu:22.04
docker.io/library/ubuntu:22.04

C:\WINDOWS\system32>

2.5 インストールできたか確認します。

C:\WINDOWS\system32>docker images
REPOSITORY        TAG       IMAGE ID       CREATED         SIZE
ubuntu            22.04     216c552ea5ba   2 weeks ago     77.8MB

C:\WINDOWS\system32>

ばっちりインストールされてますね!

2.6 では、Ubuntu のイメージを起動してみます。

「--name」はコンテナに名前をつけられる部分なので、test_ubuntu にしました。
正常に起動すると、英数字が出力されます。

C:\WINDOWS\system32>docker run -it -d --name test_ubuntu ubuntu:22.04
9fd05512bb098c2b0dd29b61b66b9bcdb30add8b7c76bf761ea7a6fe34161154

C:\WINDOWS\system32>

2.7 念の為、ちゃんと起動しているか確認します。

C:\WINDOWS\system32>docker ps
CONTAINER ID   IMAGE          COMMAND                  CREATED          STATUS          PORTS                  NAMES
9fd05512bb09   ubuntu:22.04   "bash"                   6 minutes ago    Up 6 minutes                           test_ubuntu

C:\WINDOWS\system32>

STATUS が Up About a minute となっていますので、正常に起動しています。
これで、環境は作れました!!(簡単すぎる。。。。)
次は、せっかく作ったので中に入ってみようかと思います。

3. コンテナに入ってみる


3.1 コンテナに入るには、exec コマンドを使います。

(test_ubuntu の部分は、コンテナ名なので各自変更してください。)

C:\WINDOWS\system32>docker exec -it test_ubuntu /bin/bash
root@9fd05512bb09:/#
root@9fd05512bb09:/#

3.2 試しに、ls コマンドなどを実行してみます。

root@9fd05512bb09:/# ls -l
total 48
lrwxrwxrwx   1 root root    7 Oct  3 21:41 bin -> usr/bin
drwxr-xr-x   2 root root 4096 Apr 18  2022 boot
drwxr-xr-x   5 root root  360 Oct 19 19:12 dev
drwxr-xr-x   1 root root 4096 Oct 19 19:12 etc
drwxr-xr-x   2 root root 4096 Apr 18  2022 home
lrwxrwxrwx   1 root root    7 Oct  3 21:41 lib -> usr/lib
lrwxrwxrwx   1 root root    9 Oct  3 21:41 lib32 -> usr/lib32
lrwxrwxrwx   1 root root    9 Oct  3 21:41 lib64 -> usr/lib64
lrwxrwxrwx   1 root root   10 Oct  3 21:41 libx32 -> usr/libx32
drwxr-xr-x   2 root root 4096 Oct  3 21:41 media
drwxr-xr-x   2 root root 4096 Oct  3 21:41 mnt
drwxr-xr-x   2 root root 4096 Oct  3 21:41 opt
dr-xr-xr-x 248 root root    0 Oct 19 19:12 proc
drwx------   2 root root 4096 Oct  3 21:44 root
drwxr-xr-x   5 root root 4096 Oct  3 21:44 run
lrwxrwxrwx   1 root root    8 Oct  3 21:41 sbin -> usr/sbin
drwxr-xr-x   2 root root 4096 Oct  3 21:41 srv
dr-xr-xr-x  11 root root    0 Oct 19 19:12 sys
drwxrwxrwt   2 root root 4096 Oct  3 21:44 tmp
drwxr-xr-x  14 root root 4096 Oct  3 21:41 usr
drwxr-xr-x  11 root root 4096 Oct  3 21:44 var
root@9fd05512bb09:/#

ちゃんと仮想環境作れてますね!
これで、存分に Ubuntu 環境触れます。

3.3 抜ける時は、exit でOKです。

root@9fd05512bb09:/# exit
exit

C:\WINDOWS\system32>

3.4 docker stop <コンテナ名>で、今作ったコンテナは停止しておきます。

C:\WINDOWS\system32>docker stop test_ubuntu
test_ubuntu

C:\WINDOWS\system32>

3.5 ps -a コマンドで現在のステータスを確認します。

C:\WINDOWS\system32>docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE             COMMAND                  CREATED             STATUS                        PORTS                  NAMES
9fd05512bb09   ubuntu:22.04      "bash"                   20 minutes ago      Exited (137) 14 seconds ago                          test_ubuntu

C:\WINDOWS\system32>

Exited となってますので停止してますね。


まとめ

お疲れ様でした!
今回は、Docker を使って仮想環境(Ubuntu)を構築する方法についてまとめてみました。
Docker(コンテナ型) 以外にも、VirtualBox(ハイパーバイザー型)やVMwere(ホスト型)など、色々な種類があります。
それぞれに関しての記事も時間が出来たらまとめてみようと思います。
それでは良いDocker ライフを!

◆使用した公式サイトのURL一覧

Discussion

ログインするとコメントできます