💬

VirtualBox上の仮想マシンにホストOSからSSH接続する方法

2022/10/24に公開約3,100字

はじめに

環境

  • Windows 11 Pro 64bit
  • Centos 7

説明

ゲストOSのコンソールからでも操作は問題なく出来ますが、Tera Term や Rlogin などのターミナルソフトの方が圧倒的に使いやすいので、SSH接続しよう。となった背景です。
ポートフォワーディング機能を使って接続していきます。

※当記事では、
ホストOSが、メインのWindows11
ゲストOSが、VirtualBoxで作成した仮想マシン(CnetOS 7)
になります。

手順

1. ホストOS側での確認事項


1.1 Windows ならコマンドプロンプト(Mac ならターミナル)を開きます。

1.2 ipconfig と入力して Enter を押下。

1.3 利用しているネットワークを探します。

(私はWi-Fiを使っているため、” Wireless LAN adapter Wi-Fi ” の IPアドレスをメモします。)

2. ゲストOS側の確認&ポートフォワーディング設定


2.1 VirtualBox を開き、対象の仮想マシン起動させる。

2.2 ip a でIPアドレスを確認する。

(このIPアドレスも後ほど使いますのでメモしておきます。)

2.3 このあと、ポートフォワーディング設定しますので、shutdown now で一旦電源を切ります。

2.4 電源オフが確認出来ましたら、「設定」をクリック。

2.5 ネットワーク欄を開き、「高度」をクリック。

2.6 「高度」をクリックすることにより、詳細が表示されます。次に「ポートフォワーディング」をクリック

2.7 ここにポートフォワーディングのルールを追加していきます。

2.8 以下の様に設定します。設定出来たら「OK」をクリックして適用させます。

  • 名前:任意
  • プロトコル:TCP(デフォルト)
  • ホストIP:ipconfig で確認したホストOSのIPアドレス(私の場合は、192.168.2.164)
  • ホストポート:1024~65535の範囲なら何でもOKです。(他と被らなければ大丈夫です)
  • ゲストIP:ip a で確認したゲストOSのIPアドレス(私の場合は、10.0.2.15)
  • ゲストポート:22

3. ゲストOSを再度起動する


3.1 起動したら、root でログインします。

(password は表示されませんが、ちゃんと打ててますので安心して下さい。)

3.2 systemctl status sshd で sshd が動作しているか確認します。

status 状態が Active になっていれば大丈夫です。

4. TeraTerm を使い接続する。


4.1 下記の様に入力する

  • ホスト:ユーザ名@ホストOSのIPアドレス
  • サービス:SSH(デフォルト)
  • TCPポート:5001(ポートフォワーディング設定した際に決めた、ホストポート)

4.2 ユーザー名、パスワードを入力し「OK」をクリック。

(パスワードは仮想マシン(VM)作成時のパスワード)

4.3 接続完了!


5. Rlogin を使い接続する。

5.1 下記の様に入力する

  • ホスト名:ホストOSのIPアドレス
  • ログインユーザー名:ユーザ名
  • パスワード:仮想マシン(VM)作成時のパスワード
  • TCPポート:5001(ポートフォワーディング設定した際に決めた、ホストポート)

5.2 接続完了!


まとめ

お疲れ様でした!
今回は、VirtualBox で作成した仮想マシン(ゲストOS)にホストOSからSSH接続する方法についてまとめてみました。
過不足あれば教えてくださいませ。

Discussion

ログインするとコメントできます