🙆

VirtualBox で作成した仮想環境へのSSH接続方法

2022/11/14に公開約2,800字

はじめに

環境

  • Windows:10 Pro
  • VirtualBox:7.0.2

対象者

  • ゲストOSのコンソール使いにくく、自分がよく使うターミナルソフトで操作したいよ~って方

注意点

  • 対象 VM の電源を切っておく必要がある。
  • ターミナルソフトのインストールがすんでいること。

説明
先日、NAT でポートフォワーディング設定をして、ホストOSからSSH接続する方法の記事を出しましたが、先日ふと思いました。
NATじゃなくて、ブリッジアダプターならもっと簡単じゃないかと。ポートフォワーディング設定もいらないんじゃないかと。

やってみたら普通に出来た&簡単だったので、今回はそのやり方について解説します。

NAT / ブリッジアダプターについて

NAT や ブリッジアダプターなど、ネットワークアダプタについてご不明の方は、こちらの記事を見てみてください。
https://zenn.dev/good_engineer00/articles/d6c4acb09af9dc

手順

1. VirtualBox での操作


1.1 VirtualBox を立ち上げ「設定」をクリック。(電源オフなのを確認忘れずに)

1.2 「ネットワーク」→「アダプター2」を選択

1.3 「ネットワークアダプターを有効化」にチェックして、割り当て「ブリッジアダプター」を選択する。「ok」を押して設定を保存。

1.4 ネットワーク欄に、アダプター2が追加、ブリッジアダプターが選択されていることを確認する。

2. ゲストOSの IP address を確認する


2.1 対象VMを選択した状態で、右上の起動ボタン(緑矢印)をクリック。

2.2 コンソールが立ち上げるので、ユーザー名、パスワードを入力しログイン

2.3 ログイン成功

2.4 ip addr show と入力。( ip a の省略でも可能)

2.5 3番目にある enp0s8 の inet “192.168.2.105” をメモ。

3. ターミナルソフトを開く(TeraTerm編)


3.1 TeraTerm のアイコンをクリックし、ホストに先ほどの IP address を入れる。サービスはSSH、TCPポートは22のままで大丈夫です。(デフォルト)

3.2 初めて接続する場合は、セキュリティの警告が出ますが、ここもそのまま「続行」をクリック。

3.3 ゲストOSのユーザー名とパスワードを入力し「OK」をクリック。

3.4 接続完了です!

4. ターミナルソフトを開く(Rlogin編)


4.1 Rlogin のアイコンをクリックし、新規をクリック。

4.2 名前、ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力し、「OK」をクリック。(”一時”って書いてるタブはあってもなくても大丈夫です!)

4.3 接続情報が保存された。ダブルクリックして接続します。

4.4 接続完了!

まとめ


お疲れ様でした!

今回は、VirtualBox で作成した仮想環境へのSSH接続方法についてまとめてみました。
このやり方だと、ポートフォワーディング設定などもいらないので、NAT でやるより簡単かと思います。
過不足あれば、教えてくださいませ。

ここまで見ていただきありがとうございました!

Discussion

ログインするとコメントできます