📘

GitHubで無料プライベートリポジトリを設定する方法

2022/04/15に公開約1,700字

この記事では、GitHubでプライベートリポジトリの設定方法の手順を解説しています。
Gitのリポジトリ設定は毎日やるような作業ではないので忘れがちだと思います。
開発案件が入ったけどGithubのリポジトリ設定どうやるんだっけ?といつも再調査から作業に入る人に向けてすぐできるように要点だけまとめました。

対象者は下記の方を想定しています。

対象者

  • Linux, Git等の予備知識がある方が対象
  • Githubのアカウントを作成済の方が対象

では、流れを見ていきましょう。

全体の流れ

  1. GitHubにリポジトリを作る
  2. ローカルにcloneする
  3. SSH接続の設定
  4. ソースコードをcommit/pushする

1. GitHubにプライベートリポジトリを作成する

事前準備

※Githubのアカウントを用意してない方はご用意ください。

空のプライベートリポジトリの作成

  1. 「New」をクリックしてリポジトリ作成画面を表示する。
  2. 各項目を入力し、「Create Repository」をクリックする。

・「Repository name」:リポジトリ名の設定
・「Description」:リポジトリの説明(任意)
・「Private」:プロジェクトを公開しない場合、選択する。
・「Initialize this repository with a README」:READMEファイルを作る場合、設定する。
・「.gitignore」:Gitで管理しないファイルの設定
・「license」:このリポジトリのライセンス設定

「Public」を選択しないように注意しましょう!必ず「Private」を選択してください。
「Public」だと全世界に公開されます。

他の項目はデフォルトでも大丈夫です。


2. cloneで空のローカルリポジトリを作る

  1. リポジトリの「Code」タブで、「Clone or donwload」をクリックする。
  2. 「Use SSH」を選択する。
  3. 表示されたURLをコピーしておく。

現在の参照先の確認

git remote -v

はじめてgitを使う場合、下記のアラートが出ると思います。

cloneする

git clone [コピーしたURL] [ローカルフォルダ名]

3. SSH接続の設定

公開鍵・秘密鍵を作成

cd ~/.ssh
ssh-keygen -t rsa

SSH接続の鍵を登録

  1. 管理画面の「Settings」を選択
  2. 「Personal settings」- 「SSH and GPG keys」をクリックする。
  3. 「New SSH key」を選択する。
  4. 「title」に公開鍵名、「key」に公開鍵の内容を記入する。

疎通確認

ssh -T git@github.com

4. ソースコードをcommit/pushする

cd [cloneしたdir]
git add ./*
git commit -m "first commit"
git push -u origin master

まとめ

以上で空のプライベートリポジトリを作成から、commit/pushまでができると思います。
どんどんコミット/プッシュしていきましょう!

Discussion

ログインするとコメントできます