🥅

【AWS】ネットワーク構成の基礎知識

2023/09/01に公開

今回は、AWS(Amazon Web Services)の基本的な用語のお勉強。

VPC(Virtual Private Cloud)

ウェブサービスやアプリケーションを運用する際に使う、仮想的なプライベートネットワークのこと。

家の中の部屋のイメージ。AWSのクラウド内で、自分だけのプライベートなネットワークを構築できる。
各部屋(サブネット)では、ウェブサービスやアプリケーションを実行することができるが、外部からは隔離されているのでセキュリティも安全。
つまりVPCを使うことで、ネットワークを自由に設定し、必要なリソース(サーバーやデータベースなど)をグループ分けして管理することができる。

CIDR(Classless Inter-Domain Routing)とは

コンピュータネットワークのアドレス割り当てを効率的に行うための方法のこと。

インターネット上のコンピュータやデバイスは、それぞれ固有の住所(IPアドレス)を持っている。昔は、このアドレスを「クラス」と呼ばれる大きな区分で管理していて無駄が多かった。
ここで登場したのが「CIDR」。大きな区分で泣く、アドレスを小さなブロックに分けて、管理できるようになった。

サブネットとは

VPCの中でさらに小さな仮想的なネットワークを作るためのサービス。
特徴として、異なるAZ(アベイラビリティゾーン)に作成することで、大きな災害や問題が起きたときにもシステムが安定する。また、サブネットごとにインターネット公開/非公開の設定ができる。

ルートテーブルとは

VPC内でどの方向にデータを送るか指示をするマップのようなもの。各場所(サブネット)に合った適切な経路を示すことで、データが効率的に目的地に届くようになる。

インターネットゲートウェイとは

AWSのクラウド内にある仮想的な「出入口」のようなもの。
家にも外⇔中の出入口として玄関があるように、AWSクラウド内でも、外部のデバイスやユーザーがクラウド内にアクセスするための出入口がある。


胃腸炎になってしまい更新が止まっていました💦
また今日から更新はじめます!

Discussion