Open13

TypeScriptでnpmパッケージ作成

Node.jsのインストール

Ubuntuなら以下でインストールできる

$ sudo snap install node --classic
$ node -v
v15.12.0
$ npm -v
7.6.3
$ yarn -v
1.22.5

nvmとかnとかnodenvとかnodeenvとかnodebrewとかあるけど,使わない

https://www.githubcompare.com/nvm-sh/nvm+tj/n+ekalinin/nodeenv+nodenv/nodenv+hokaccha/nodebrew

たまにsudo求められるので、nvm使う方が楽だった?

npm登録

https://www.npmjs.com/signup から登録する.

ターミナルから以下のようにログインすると,

$ npm login
npm notice Log in on https://registry.npmjs.org/
Username: eduidl
Password: 
Email: (this IS public) yuma.hiramatsu@gmail.com
Logged in as eduidl on https://registry.npmjs.org/

~/.npmrcに以下のように追記される.

//registry.npmjs.org/:_authToken=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

トークンの破棄は,https://www.npmjs.com 上で,自分のアイコン→「Access Tokens」からできる.

ついでに .npmrc を適当に設定しておくと,npm init が楽になる.

.npmrc
//registry.npmjs.org/:_authToken=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
init.author.name=Yuma Hiramatsu
init.author.email=yuma.hiramatsu@gmail.com
init.author.url=https://github.com/eduidl
init.license=Apache-2.0
init.version=0.1.0

gitremoteがセットされていると,npm init したときにリポジトリの情報が package.json に記述されるので,その方がよい.

ここでは,GitHub上で***というリポジトリを作った.

$ git clone <repository>
$ cd <repository>
$ npm init -y

パッケージのインストール

TypsScript

$ npm i -D typescript @types/node

lint + formatter

ESLintとPrettierを使う.

$ npm i -D eslint @typescript-eslint/eslint-plugin @typescript-eslint/parser prettier eslint-config-prettier

色々調べてたら,eslint-plugin-prettier非推奨になっているらしい.

https://zenn.dev/ryusou/articles/nodejs-prettier-eslint2021

Test

Jestを使う.

$ npm i -D jest ts-jest @types/jest

その他

npm scriptを使いやすくするためのパッケージ

$ npm i -D npm-run-all
作成者以外のコメントは許可されていません