CentOS 7 にGoogle Chromeをインストールする

1 min read読了の目安(約1200字

背景

CentOS 7 にはデフォルトでFirefoxがインストールされている。しかし、Google Chromeを利用したほうが、便利なこともあるので、Chromeをインストールする方法を紹介する

環境確認

[cloudg@localhost ~]$ cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.9.2009 (Core)

レポジトリファイルの作成

[cloudg@localhost ~]$ vi /etc/yum.repos.d/google.chrome.repo

下記の内容を記載する。

google.chrome.repo
[google-chrome]
name=google-chrome
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/$basearch
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

インストール

[cloudg@localhost ~]$ yum install google-chrome-stable

Internet の部分にGoogle Chromeが表示される

起動方法

下記コマンドで起動できる

[cloudg@localhost ~]# google-chrome

エラーが発生する場合

下記のエラーが発生することがある。

[root@localhost ~]# google-chrome
[4206:4206:0327/064251.530967:ERROR:zygote_host_impl_linux.cc(90)] Running as root without --no-sandbox is not supported. See https://crbug.com/63818

/opt/google/chrome/google-chromeの一番最後の行を変更する

vi /opt/google/chrome/google-chrome
google-chrome
exec -a "$0" "$HERE/chrome" "$@" --no-sandbox --user-data-dir=~

これで問題なく起動できるようになる。