【備忘録】Windows TerminalのデフォルトシェルをGitBashに変更する方法

3 min read読了の目安(約3500字

普段、仕事ではLinuxサーバーで作業することが大半なので、プライベートで使っているローカルのWindows PCもその感覚で使いたいなと思いました。
そこで、Windows PCにWindows Terminalをインストールし、Windows Terminal上でデフォルトでGit Bashが立ち上がるようにしました。
今後同じような設定をするようになった時のために備忘録としてメモを残しておきます。

以下の記事を参考に致しました。

Windows Terminalとは

Windows上で動作するターミナルソフトです。今のところあまり使い込めていませんが、PowerShellやcmdに比べてとても使いやすいと感じています。

Microsoftのページから引用

Windows ターミナルは、コマンド プロンプト、PowerShell、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) などの
コマンドライン ツールとシェルのユーザー向けの最新のターミナル アプリケーションです。
主な機能には、複数のタブ、ペイン、Unicode および UTF-8 文字のサポート、GPU で高速化されたテキスト レンダリング エンジン
独自のテーマを作成したり、テキスト、色、背景、およびショートカットをカスタマイズしたりする機能があります。

MicrosoftのWindowsTerminal説明ページ

Git Bashとは

Windows上でgitコマンドを使用できるようにするソフトです。
Bashターミナルエミュレータの機能も搭載できるようになっており、簡単にWindows上でBashが使用できるようになります。
基本gitコマンドを使う以外であまり使用してこなかったので完璧にLinuxと同じかは分からないのですが、とりあえず今のところ不足は感じていません。

**※**Windows上でBashを使いたいのならWSLという方法もあるのですが、以前にGitを使うためにGit Bashを入れていたので今回は簡単のためこちらを使いました。

Git for Windows

Windows Terminal上でGit Bashを使用できるようにする手順

手順1: Windows Terminalのインストール

Windowsユーザであれば、Microsoft Storeから入手するのが一番簡単です。
Microsoft Storeで windows terminal と検索すれば簡単に見つけられます。
他にはgitリポジトリをcloneしてきてビルドする方法もあるようです。

Windows ターミナルをインストールしてセットアップする

手順2: Git for Windowsのインストール

公式ページ (Git for Windos) からインストールします。
リンク先の手順に従ってインストールします。

手順3: Windows TerminalからGit Bashを立ち上げられるようにする

PowerShellを立ち上げ、以下のコマンドでGit Bash用のGUIDを取得します。 [1]

[guid]::NewGuid()

この時に表示されたGUIDをコピーするなりメモ帳に控えるなりしておきます。
次に、Windows Terminalを立ち上げ、 settings.json を開き、 "profiles" リストの末尾に以下を付け加えます。[2]

{
    "guid" : "{ここに先ほどのGUIDを貼り付ける}",
    "closeOnExit" : true,
    "colorScheme" : "Campbell",
    "commandline" : "C:\\Program Files\\Git\\bin\\bash.exe",
    "cursorColor" : "#FFFFFF",
    "cursorShape" : "bar",
    "fontFace" : "Consolas",
    "fontSize" : 12,
    "icon" : "C:\\Program Files\\Git\\mingw64\\share\\git\\git-for-windows.ico",
    "name" : "Git Bash",
    "snapOnInput" : true,
    "startingDirectory" : "%USERPROFILE%"
}

"guid"{} の中に先ほどコピーしたGUIDを貼り付けます。
ちなみに "commandline" に指定しているのはGit Bashの実行ファイルへのパスです。上記と異なる場所にインストールした場合は適宜書き換えます。
これでWindows Terminalを再起動すればタブの + からGit Bashを選択できるようになるはずです。

手順4: Git Bashの日本語化

上記の設定のままではGit Bashで日本語を表示した際に文字化けしてしまいます。
そこで ~/.bashrc に以下を追記して日本語化します。[1:1]

export LANG=ja_JP.UTF-8

これでWindows Terminal上でGit Bashを使用するための手順は終了です。
なお、未検証ですが、同じ手順でWSLやCygwinをWindows Terminalから立ち上げることもできると思います。

おまけ: VSCodeのデフォルトターミナルをGit Bashに変更する

エディタは基本的にVSCodeを使用しているので、VSCodeで Ctrl+@ で立ち上がるターミナルもGit Bashにしてしまいます。
VSCodeを立ち上げ、File > Preferences > Settings で設定画面を開きます。
設定画面の検索欄に terminal.integrated.shell.windows と入力し、 Edit in settings.json をクリックします。
settings.jsonterminal.integrated.shell.windows の値に先ほどと同じくGit Bashの実行ファイルのパスを設定します。
これでVSCodeを再起動すれば Ctrl+@ でGit Bashのターミナルが開くはずです。

脚注
  1. Windows Terminal で Git Bash を表示するより引用 ↩︎ ↩︎

  2. Windows Terminal で Git Bash を表示するより多少改変 ↩︎