🎸

欠陥分析 JSTQB Advanced Levelテストマネージャ資格のキーワード解説!

2023/11/01に公開

欠陥分析

欠陥の分析において、正確な理解と効果的な対応策を導き出すためには、欠陥の状況を正確に分類することが重要です。以下は、欠陥を分類する際の5つの主要な観点です。

欠陥分析の60秒動画解説!

https://youtube.com/shorts/oHMYWiv4XUw?feature=share

1. 欠陥が検出された状況

この観点は、欠陥が実際に発見されたシーンや条件に焦点を当てます。テスト中、運用中、または顧客からのフィードバックなど、さまざまな状況で欠陥が検出されることが考えられます。

2. 欠陥が混入した状況

いつ、どのフェーズや過程で欠陥がコードや製品に導入されたのかを理解することで、その原因や背景を詳しく探る手がかりになります。

3. 欠陥を修正した状況

修正の状況や条件、修正に要した時間やリソースなど、欠陥の修復に関する情報を集約します。これは、将来の同様の問題への対応策を練るための参考となります。

4. 欠陥を検出すべきであった状況

本来、どの段階やタイミングで欠陥をキャッチしているべきだったのかを評価します。これにより、テストや品質保証のプロセスのギャップや欠陥を特定する手助けとなります。

5. 欠陥の予防の状況

最終的には、同様の欠陥を再び防ぐための手段や方法について考えます。予防策の検討や改善提案のための情報を収集し、反映します。

このような分類を行うことで、欠陥の原因や背景をより深く理解し、その上で効果的な改善策や予防策を考えることが可能となります。

Discussion