モチモチでメンタルのセルフケア

2 min読了の目安(約1700字IDEAアイデア記事

私の性格とメンタルへの影響

メンタルを崩しやすいエンジニアは少なくないと思います。
これまで現場で何人か休職、退職に至った方も見てきました。

私自身、メンタルは強くはなく、現在も日々乱高下しながらなんとか業務にあたっています。

私はどうもHSP(Highly sensitive person)というとても敏感な体質のようで、
細かいことが気になり人一倍疲れやすいようです。

この性格と、開発体制への不満や環境が重なり、
イライラや不快な感情が多く押し寄せ、集中力がどんどん落ちていくようになりました。

仕事中に泣き出すような場面もあり、いよいよ不味い状態となりました。

セルフケア

そんなおりtwitter上でセルフケアの道具箱という書籍の存在を知りました。
セルフケアとは、"自分で自分を上手に助ける"ということです。

ストレスとの付き合い方が上手くない自覚はあったので、自分に必要なものだと直感し即購入しました。

セルフケアのためのワーク

10章構成となっており、1章につき10個のワークが紹介されています。
自分に合う、合わないもあるのでそこは実際にやってみて判断となってきます。

とりあえず落ち着くためのワーク

とにかくしんどい、ひとまず落ち着くためのワークが最初に紹介されています。
大きな布やストールに包まれると安心する、というものもあったので
昼休みに近くの寝具屋さんに探しにいきました。

モチモチとの出会い

毛布なり抱き枕なりを探していたところ、モチモチクッションなるものを見つけてしまいました。

全長70cmほどはあるクッションです。
"何かをギューッと抱きしめる"
という落ち着くためもあったので、毛布をとりやめこの子を購入していました。

モチモチの安心感

膝に抱えながら、あるいは胸に抱きかかえながらプログラミングしてますが
適度な柔らかさと、ほんのり暖かみも感じるからかイライラの頻度が目に見えて減りました。

周囲から何かしらのストレスを受けてしまったときも

  • なでる
  • ギュッと抱きしめる
  • 顔うずめる

といった方法で、イライラをいなすことができるようになっています。

モチモチのお出迎え

添付した写真のように退勤時には、椅子にかけて帰ります。
心身が疲弊しているときは、出勤はとても気が重く、憂鬱なものです。
退勤時に仕込んでおくことで、出勤時に顔が合いリラックスした気分で仕事に取り掛かれるようになりました。

欠点

アラフォー男子が扱うには、多少の抵抗があります。
とはいえ自己防衛と割り切ってしまってます。
誰が何と言おうと私はこれで癒されている。

疲れている方へ

セルフケアについては色々試してみることをお勧めします。
自分に合ったやり方はきっと見つかります。

また、セルフケアを試してみるのも良いのですが
疲れていると感じているなら、病院にいきましょう。

私はまだ踏ん張れてはいますが、自身だけではどうにもならない部分があると思います。

なるべく、自分に優しくしてあげてください。
自身の幸せを考えてあげてください。

この記事がそういった一助になると幸いです。

参考

セルフケアの道具箱
HSP
モチモチ